にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 毎日王冠 予想

JRA3日開催やら遠き異国の地での世界的ビッグレースやら、みちのくで開催されるダートチャンピオンが集う戦いやら、一年で最も競馬界が盛り上がると言っても過言ではない3日間がやってきた。
世間は三連休、当方も存分に競馬を満喫しまくる所存……と言いたいところであるが、うち2日仕事という非情な現実。悲しき社畜。慟哭やるかたなし。

開催初っ端のレースで100万馬券が飛び出し、波乱含みの幕開けとなった東京秋場所。
見にしておいた2歳重賞では、アーモンドアイ級とさえ囁かれる素質馬が、出遅れたにも関わらず早めにまくって完勝というケタ外れのパフォーマンスを見せてくれる。

いやがおうにも盛り上がる我が気持ち。
日曜日も会社に行かねばならぬが、せめて魂は府中の地へ。

◆毎日王冠

◎②ケイアイノーテック
◯⑤ステルヴィオ
▲⑨アエロリット
△④サトノアーサー
△⑦ダイワキャグニー
☆⑥サンマルティン
 



モレイラ騎乗を差っ引いても、春のGⅠ2戦で、どちらも勝ち馬とさほど差のない競馬をやってのけたアエロリット一番人気はまあ妥当だろう。
重馬場だった秋華賞以外すべてのレースで、負けた時でも0.2差以内という崩れない強さ。まず複勝圏は外さなそうに思えるが、気がかりなのは馬場状態。
土曜の芝レースを見る限り、かなり外差しが効く馬場で、5つあったレースでコーナー先頭で抜けた馬が馬券になったのはサンデームーティエの3着のみだった。
ノリさんあたりがイタズラしない限りはアエロリットが逃げる形のレースになると思われるが、差し競馬に自信アリの面々相手に残し切ることができるか。名手の腕前が問われる。

こちらの本線は、上がり勝負になれば強いと思われる3歳馬2頭。
夏を越えた3歳馬ということで、どれだけの上積みがあるかだが、全く崩れたことがないGⅠ馬のケイアイノーテックを本命とし、クラシックではいずれも後方一気の競馬になったステルヴィオを対抗としたい。

ダービーと菊花賞以外はすべて馬券になっているサトノアーサー、重馬場でさえなければ東京が大得意のダイワキャグニーも抑えておきたいところであるが、末脚勝負になれば有力のサンマルティンは妙味的にも買いの1頭か。
尤も、このレベルでは通じる公算が低い割には穴人気しすぎと切り捨てるべしという見方もできるかもしれない。


超豪華メンバー集結とGⅠ並みの盛り上がりだった昨年の毎日王冠からもう丸一年が経ったのかと思うと、月日の流れる速さに途方にくれる思い。
あのメンバーの中から、その秋と次の春の国内GⅠで馬券になる馬が一頭も出てこないなんて誰が想像できただろうか。
競馬というのはまっこと難しい。