にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 京都大賞典 予想

出走想定の段階の第一感で、この馬とこの馬で決まりなんじゃないかってのがあって、その後枠順やらオッズやら色んな要素が出てくるにつれ検討こね回した結果、別の馬を本命に。
いざ走ってみたら、第一感で来そうと思っていた方が1着2着。

そんな、これまで2兆回ぐらいは経験した憂き目に遭った毎日王冠を乗り越え、ハッピーマンデーの逆襲を誓うのは馬券師のさだめ。
力関係がようわからん上に荒れがちという厄介な西洋のビッグレースや、来そうな馬をそのまま買ったら妙味というものが皆無な東北のビッグレースはそこそこに、古都で繰り広げられる伝統の一戦に勝負を賭ける。
 



◆京都大賞典

◎⑧シュヴァルグラン
◯⑪ウインテンダネス
△②サトノダイヤモンド
△④レッドジェノヴァ
△⑦プラチナムバレット
△⑨スマートレイアー

今回、積極的に買いたいなと思える馬は本命対抗の2頭のみ。

例によって叩きではあろうが、ここでのシュヴァルグランはさすがに抜けすぎている。
大阪杯での大敗から休み明けのこの馬が嫌われるのであればありがたい限り。距離適性の合わないGⅠレースでこそあの内容だったが、元来決して鉄砲の利かない馬ではない。
今回のメンバーならまず勝ち負けになるかと。

そのシュヴァルグランを倒す可能性があるとしたら、鬼時計で準OP、そして初挑戦の重賞を勝利して出てきたウインテンダネス。この春に覚醒した可能性すら感じられ、秋は更なる大舞台へと進むかも。
鞍上やら休み明けの成績やらで、もう少し人気しないでいてくれるかなと期待していたが、現状3番人気。やはりそう甘くはない。
陣営の弱気コメントは気がかりではあるが……

あとは格のサトノダイヤモンドとスマートレイアー、調子と脚質のレッドジェノヴァ、本領発揮への期待のプラチナムバレットを相手に抑えておけばきっと当たるはず。
ここでサトノダイヤモンドが復活を遂げれば、秋の楽しみが更に増し増しとなるのだが、如何だろうか。