にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 府中牝馬ステークス 予想

土曜日はこの秋最初の府中行。おそらく今シーズンは4回ぐらいしか行けないと思うので、貴重な機会を存分に満喫しよう。
ただ普通に生活しているだけで、嫌なことクソみたいなことが付きまとってきて辟易ではあるけど、競馬場行くときぐらいはそんなこと忘れたいというもの。

なにげに府中牝馬Sは競馬野郎になって以来、3年連続の現地観戦。とりわけ今年は非常に残念な回避があったものの、それでも豪華メンバーってことで胸ワクワクの愛がギッシリといった心持ち。

◆府中牝馬ステークス

◎②フロンテアクイーン
◯⑩リスグラシュー
▲①クロコスミア
△③ソウルスターリング
 



GⅠ馬ひしめくメンバーの中、重賞どころかオープン勝ちすらない馬が本命とは気でも触れたかと思われる方もおられるだろうか。
かつてのミヒャエル・バラックにも匹敵するシルバーコレクターのフロンテアクイーンとて、このメンバーに入ったら連対どころか掲示板も無いと思われがちだが、近走戦績を見てみると、ジュールポレールやミスパンテールとクビ差互角だったり、ソウルスターリングを上回っていたりと、実はまったくヒケをとっていない。斤量も今回僅かではあるが恵まれている。
そして、このレースを次の大目標の叩きとしている陣営と、ここ一番取りたいとメイチで臨む陣営があるとしたら、重賞未勝利のこの馬は明らかに後者の筈。
調教師試験に落ちた蛯名騎手には、是非ここで鬱憤を晴らす勝利を掴んでもらいたい。

相手筆頭はリスグラシュー。彼女がGⅠ馬でないのはほんの少し運が足りなかっただけで、実力的にはトップの1頭であることは間違いないところ。
今回は必勝を期してモレイラを配していたところ、騎乗停止になってしまいどうなるかと思いきや、替わりに跨るのがデムーロときた。単に丁度のタイミングでモズカッチャンの回避が決まったから依頼したに過ぎないという見方もあるかもしれないが、本気でココを取りにきてる現れと見ることもできなくはない。
本番には乗らない有力馬にデムーロ。色んな意味でこんなに怖い鞍上はいないのではないかと。

昨年勝ち馬のクロコスミアは、前にカワキタエンカを置いて楽な番手で進めることができれば得意の舞台でまた一泡吹かせてくれることも充分にあり得るはず。

前走3着もさることながら、実はVMのときから復調気味のソウルスターリングも侮れない。
追い切りの走りぶりが抜群に良く見えた(時計は知らん)のと、ここのところ終わったのかと思われた有力馬が復活というのがトレンドになってるところからも注目したい1頭。


印無しで気になるところは2頭。切るべきかどうするか……

ディアドラは強いとは思うが、最終追いを月曜にやり、週中はキャンター気味に流すだけというこれまでと異なる調教過程が引っ掛かるところ。違う方法を試したのか、実は順調でなかったりするのか……
後方からの競馬になること必至なこの馬を、この舞台で必死に追うのだろうか。人気もしそうだし今回は疑問視。

実は狙いたかったアドマイヤリードは、スタートでやらかすことが多く、届かなそうなときは早めに諦める傾向がある田辺騎手テン乗りということで、相性最悪な組み合わせとみている。
が、ひょんなことで思いのほか展開が向いたとしたら、人気薄で一発仕留めにくる恐ろしいジョッキーに早替わりするので、どうしたもんかなと。


なお、複コロの記事を放置してしまっていますが、週明けに2回分まとめて追記します。
ちなみに先週はウインテンダネス指名でした……