にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 秋華賞 予想

府中でなかなかひどい目にあった土曜日。
豪華メンバーの重賞であんなに楽しみにしていた頃の己が愚かに思えて仕方ない。
気を取り直して、年頃の娘さんらの重賞。何げに秋華賞は2年連続的中している(昨年はトントンだったが)。

ここはどうしても勝ちたいところ。

◆秋華賞

◎⑪アーモンドアイ
◯②カンタービレ
▲⑦ラッキーライラック
△⑱ダンサール
△⑯プリモシーン
☆⑧トーセンブレス
 



ここまでの二冠をあの勝ち方で来たアーモンドアイについては◎を付けるほか無い。
仮にオークス以外がそうだったように後方からの競馬になり、展開が向かなかったとしてもまず馬券外ということはないだろう。
この馬が複勝圏外に吹き飛ぶ可能性を論じるには、『競馬に絶対はない』などという真実ではあるものの思考停止でもある文言を用いるしかないわけで、それは好むところではない。

飛び抜けたナンバーワンのおかげで霞んでいるものの、春に苛烈なナンバーツー争いを繰り広げたラッキーライラックとリリーノーブルも、その下を大きく突き放す位置にいたことは忘れてはならない。
当面のライバルが不在のここでは、元来文句なしで◯を付けるべき存在なのだが、秋華賞直行が既定路線だったアーモンドアイと異なり、予定していたトライアルを使えなかった臨戦過程と、騎手の格としてはさほど違いはないにしても新馬以来組んでいたパートナーからの乗り替わりを余儀なくされたことは気がかり。

それならば、オークス以外全連対でトライアルも強い勝ち方だったカンタービレを推したい。
まして鞍上は武豊。庭の京都の内枠引いて好位につけられる上に自在性も高い馬を与えられ、確実な仕事をやってのけてくれるのではないかと。

逃げ・先行馬がひしめいていて、ペースが流れること必至と見られているが、そういうレースでは次々と垂れていく中、1頭は粘ってしまうということが往々にしてある。
条件戦で52しか背負っていなかったとはいえ、先行して上がり最速、時計差0.9つけて勝ってきた馬にミルコ・デムーロ。
さすがに大外は厳しいと思うが、強引な位置どりと仕掛けで着内に入ってくることは十分にあり得る。

あとはアーモンドアイに続いて後ろから上がってきそうなのが距離さえ持てばプリモシーン、前走の大敗を度外視すれば春の実績上位馬のトーセンブレスといったところか。

元々モレイラ騎乗予定だったサラキアも相当怖いのだが、内枠で出遅れ率激高、外の出したいところは同チームのアーモンドアイとプリモシーンに取られる可能性が高く、かなり前を捌かなければいけない展開になりそうということで、掲示板までと見ている。


ほぼ予想パートナシの競馬予想小説はこちら
第23話 秋華賞 - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム