にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 富士ステークス 予想

ほんとにほんとにほんとにほんとにライオンだー。

富士Sなんて表記すると、ついついそんな風に唄い上げたくなってしまうが、近くにライオンを見るよりも面白いサラブレッド18頭の戦いである。
路線的にはマイルCSの、この週末という意味では菊花賞の前菜と思うなかれ、先週の府中牝馬S同様になかなか面白くなりそうな、注目の一戦である。

◆富士ステークス

◎⑭レッドアヴァンセ
◯⑥エアスピネル
▲⑱ジャンダルム
△⑧ロジクライ
△⑪ワントゥワン
☆③デンコウアンジュ
 



強いのはどいつだろうなとザッと出馬表を眺めると、誰でも目につくのが昨年のマイルCSの1・2着馬。
が、ペルシアンナイトについては、これまで休み明けの叩きでは結果を出していない。酷量の59背負わされてることも鑑みると、まあ後方からの競馬必至の状況で無理はしないんじゃないかなと。思いきって切る方向で考えている。

ではエアスピネル本命かというと、こちらも春は一頓挫あって前哨戦のみ使ってのリタイア。
昨年勝ってるこの舞台にメイチという筈もなく、騎手の性向から考えても当然ここは無理をさせることはない筈。
それでもこちらの馬自体はペルシアンと異なり、いつでも一定の力は出してくるクチ。地力の強さで勝ち負けは全然あるんじゃないかと。
また、期せずしてラストランとなってしまった舞台で最高の輝きを放ったレインボーラインをはじめ、ミッキーロケット・マカヒキ・サトノダイヤモンドらが復活の兆しを見せている今、2016クラシック世代に思い入れのある身としては是非この馬にも続いてもらいたいという願いも込めて、厚めの印を付けておきたい。

が、本命はレッドアヴァンセ。
血統やこの馬自身の戦歴から見て東京マイルは大得意。VMではリスグラシューやアエロリットと互角に戦っている。もしその両頭が斤量54でここに出てきてたらどれだけ人気を集めたことか。
混合戦は苦手と見る向きもあるが、凡走は大体京都。オトコどうこうは関係ないと見ている。

あとはマイルであればと専らの評判であるジャンダルム、先行して強い馬にルメール、追い込みで強い馬にモレイラといったあたりも抑えとく必要があるか。

ムラが激しいデンコウアンジュは追い切りが抜群だったらしいが、今回はやってくれる番だろうか。


土曜日府中に行き、日曜は実家に顔出すという流れは先週と同じ。
結果まで同じでは困るところ。頑張りたい。