にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 菊花賞 感想戦

3歳馬最終決戦は前週に続き実家にて観戦。
グリチャも映らないしと、菊花賞の他は東京メインのブラジルCだけザッと馬柱見てザッと買ったところワイド的中でなかなかのお小遣いゲット。

OP戦は上限1,600円と定めているのだが、ろくに精査してないしと800円しか使わなかったことが悔やまれる。
とはいえ、精査してたら却って来ない馬を見直してしまっていた可能性は大だし、まあ幸先良しと気分を高まらせ、大一番を迎える。

www.bakenbaka.com

◆菊花賞

◎⑤エポカドーロ
◯③ブラストワンピース
▲⑭グロンディオーズ
△⑨エタリオウ
☆②グレイル

【買い目】
3連複 ⑤ー②③⑭ー②③④⑥⑨⑩⑭
馬連 ③ー②⑤⑨
3連単 ②→⑤⑩→⑤⑩
複コロ(2回目) ⑤

3列目広めの3複がメイン。
ブラスト3着の③ー⑤ー⑨3連複だと当たっててもガミっちゃうな、ちょっと買い足そうかななどと幸せな悩みを抱えていたり。
後にして思うとマヌケなことである。
 



【着順】
⑫フィエールマン
⑨エタリオウ △
⑦ユーキャンスマイル
③ブラストワンピース ◯
⑱グローリーヴェイズ

蓋を開けてみたら5ハロンが1:02.7、10ハロンが2:06.9というペースで進み、最後には上がりの早い馬が上位進出。俗にいうドスローのヨーイドンというレース。

先行馬に厳しいという読み自体は結果的に合っていた。
が、速めのペースになるか、でなければ出入りが激しくなると踏んでいたところ、遅すぎて容易に詰められてしまい、キレ味に勝る差し・追い込み馬が優勢になったと、読みとしては真逆すぎるのが情けない限り。
それが結果オーライならまだいいが、地力に勝るエポカドーロだけは残れるという読みも外れているのだからどうしようもない。

ネットやSNSを眺めると、今回の菊花賞は面白くないレースだった、もっといえばクソレースだったとする声が結構見受けられる。
道中の大胆な仕掛けや、長距離レース特有のサバイバル的ふるい落としがなかったことに加え、結局またデムルメで決まりだったり、勝ち馬が春のクラシックには顔を出していないキャリア4戦目の馬だったことで、シラける人もいたといったところだろうか。
まあ、全く気持ちがわからないわけではない。確かにドラマチックなレースとは言い難かった。

が、改めて映像を見ると、上位入線を果たしたジョッキーはやはりそれだけのレース運びをしていて、かなり興味深いものはあるなあと。

わかりやすいのはエタリオウ鞍上のミルコ・デムーロ。
後方一気だった前走とはうってかわって、1周目のホームストレートからジワジワと位置を押し上げていき、バックストレートでは好位、最後のコーナーを回ったところでは先行グループに混ざっているという走りを見せ、最終的にはハナ差及ばなかったものの堂々の2着。
馬の強さもさることながら、最後までペースが上がらないであろうと読みきってのレース運びはなかなか出来るものではないのでは。(だからジェネラーレウーノラビット説が出てくるのだろう)
尤ももし途中でペースが流れていたとしても、この騎手であれば、昨年の宝塚記念で見せたように、一度上げてまた控えるという離れ業を見せてくれたような気もする。

先行勢のすぐ後ろをじっと保持し、ロスなく回ってきたルメールと武豊の勝負勘もさすが。
おそらくこの流れでこの位置なら前にいる馬は捕まえられるし後ろは届かないだろうと踏んでいたのだろう。
見返すと4コーナーで武豊の方がわずかに早く仕掛けていて、フィエールマンに並びかけたが、あえなく突き放されていた。もし馬の力がもう少し上だったら強襲決まり勝ち負けもあったのではないだろうか。レジェンド恐るべし。

まあ、ありきたりな感想として、そりゃ外国人に良い馬が集まるわけだとか、そりゃ武豊に長年良い馬が集まってたわけだとか思ったり。

確かに思わず身震いするような激闘ではなかった。ドラマチックな結果でもなかった。
が、こういうレースにも、いや、だからこそ達人の真髄が見え隠れしていたりして、これはこれで競馬の魅力とも言えるんじゃないかなあと。


こちらの馬券は軸がいない上に軽視していた馬が2頭も来たということで、まるきりカスりもせず。
何日もにわたり考え続けたレースがこのザマで、ものの数分馬柱眺めただけのレースで2万近い払い戻しを受け、些か虚しい思いは否めないが、競馬とはこういうものなのだろう。
これまた魅力と言えるのかもしれない。


kakuyomu.jp