にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 天皇賞(秋) 予想

だいぶ前から今年はとんでもないメンバーになりそうだと囁かれていた秋の天皇賞。
ダノンプレミアム、ワグネリアン、サンリヴァルといった3歳有力馬や、一瞬ここへの色気を見せたディアドラやらが出てきていればより盛り上がったのは確かだが、それはいっても詮無いこと。

十二分に豪華なメンバーによる競演を楽しみたいと思う。

◆天皇賞(秋)

◎④レイデオロ
◯⑦アルアイン
▲⑤スワーヴリチャード
☆⑨サングレーザー
 



レイデオロとスワーヴリチャードの二強、或いはマカヒキを加えて三強の風潮があるが、もし三強を挙げるのであればレイデオロとスワーヴと、もう一頭はアルアインが相応しいと思っている。
先行力があり、今回は場合によってはハナもあり得そう。しまいに速い脚が使えないわけでもないので、スローになったとしても先週の菊花賞先行勢のように完膚なきまでにキレ負けることはない筈。逆にそれなりに流れたとしても粘れる力もある。
さすがに東京実績抜群の青枠2頭から逃げ切るのは厳しいとは思うが、その両馬ともどスローの早仕掛けでGⅠを勝っている馬。北村騎手が後続の進出を抑えるようなレースコントロールができれば勝機はある筈。

とはいえ、抑えて良し仕掛けて良し、東京で連対外したことなし、鞍上ノリにノってるレイデオロはさすがに優勢と見ざるを得ないか。

それに対し、スワーヴリチャードは鉄砲利くといっても、今まで休み明けで勝ってるアルゼンチンや金鯱賞は決して相手が厳しくなく、この舞台・相手関係となると話は別の筈。
もし次戦こそ目標と定めているのなら、馬券外もあり得なくはないのかなあと。

瞬発力勝負になればサングレーザーもチャンスがあるかと。
レイデとスワーヴが仕掛け合えばそれで良し、牽制しあっても良しで、後ろからじっくり動向を見て最善を尽くしてくれれば。
鞍上のモレイラが先行したがる傾向があるのと、陣営も過去2走見ると好位につけさせたがってる可能性があるのが心配。先行して生きるタイプではないように思える。
モレイラには先週のワントゥワンのような競馬を期待したい。

馬券的にはこの4頭で十分。他に付け入る隙はないんじゃないかと。


指定席取れなかった無念を小説もどきにぶつけた感はある。
第25話 天皇賞(秋) - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム