にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 武蔵野ステークス 予想

いよいよ秋のGⅠシーズンも後半戦に突入ということで、また盛りだくさんなこの週末。
まずは土曜日、デイリー杯は見にしておいて、ダート王者の座を狙う挑戦者決定戦in府中といった様相のレースへと全力投球。

◆武蔵野ステークス

◎⑯インカンテーション
◯④サンライズノヴァ
▲⑦ユラノト
△⑮ウェスタールンド
☆⑫クルーガー

昨年このレースの勝ち馬で、フェブラリーS3着、その後も崩れていないインカンテーションがどうやら4、5人気に落ち着きそうという怪奇。
東京1600なら大外も苦にならないどころか、アドバンテージの可能性すらある。ここは喜んで買いたい。

昨年このレースこそ謎の大敗しているものの、舞台適正抜群のサンライズノヴァが相手筆頭。
百花繚乱の芝馬と対称的に、ダートにおいては谷間の世代になりつつある4歳馬の上位馬として、ここらで重賞タイトルの一つぐらいはとってほしいところ。

或いはその希望はユラノトの方に託すべきか。
前走では、その後重賞馬となるハイランドピークをねじ伏せており、こちらも重賞で通用する公算は大。
ノヴァをはじめ、有力馬の何頭かが後方一気になりそうなところ、この馬はそれなりの位置に付けることができそうなのも助けになるかも。

6歳にしてダート転向し抜群の適性を見せているウェスタールンドがかなり人気を集めているが、左回りはダートでは初・芝時代は2戦していずれも馬券外、芝スタートやワンターンのレースにも慣れていないことなど、不安要素はかなり大きい。
ここは抑える程度にとどめたいところか。

クルーガーは2歳時以来のダート参戦だが、昨年不良馬場だった富士Sで見せたパワフルさを見るにいかにも向きそう。
ここ狙ってみたいなと企んでいたところ、いざ発売が始まってみればどうやら穴人気しそうな状況。まあ考えることは皆同じか。
 


他に上位人気なのはルメール騎乗のナムラミラクルだが、さすがにこのメンツでこの馬が2、3人気なのは鞍上による過剰人気ではないかなと。
とはいえ、鞍上超強化は事実だし、元々東京に滅法強いということもあり、抑えないわけにもいかないだろうか。


個人的には、グレンツェントとストロングバローズが同じレースで、しかも東京1600で戦うことにちょっとした感慨。
思えばあのカチカチに決まりトリガミとなった2016年ユニコーンSから随分時が経ったんだなあと。
あの頃はゴールドドリームやケイティブレイブとしのぎを削っていた両頭に頑張ってもらいたい気持ちもあるのだが、さすがに厳しいだろうか。