にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 エリザベス女王杯 予想

土曜日は久々の現地参戦でボウズを喰らい雨に降られて我が身と洗濯物がぐしょぐしょになるなど、まあまあひどい目に遭い、日曜日は朝っぱらから出社。
もはやこの週末は負け確定な気も薄っすら感じつつあるが、ここで手を引いとくなんて賢明な判断ができるようなヤツはそもそも競馬なんかにハマったりしないだろう。

ダメな男を助けてくれるのはいつでも女性。
ここは麗しき牝馬たちに救いの手を求めたい。

◆エリザベス女王杯

◎⑫リスグラシュー
◯⑦モズカッチャン
▲⑬ノームコア
△②フロンテアクイーン
☆⑨クロコスミア
 



仮に距離とか何も考えず、このメンバーで最も強いのはどの馬かと問われたら、リスグラシューを推す人は結構いるのではなかろうか。自分もその一人。
その強い馬にモレイラ騎乗にも関わらず3〜4人気に落ち着きそうなのは、やはり昨年の同レースとオークスで馬券外というので、もっと短い距離がベストだと思われてるのだろう。

が、そのどちらのレースも最後まで脚色は鈍っておらず、実は距離適性は大丈夫なんじゃないかと踏んでいる。
むしろ今年の安田記念でも良いところなく負けた辺りを見るに、シーズン3戦目だったり、GⅠ2戦目だったりしたことに敗因を求めるのが自然なのではないだろうか。
とすると、この秋2戦目でまだフレッシュな状態で出走できる今回は本領発揮できるのではなかろうかと。

相手筆頭は、昨年覇者のモズカッチャン。熱発で臨戦に順調さを欠いていたり、ここのところズブくなっていたり、鞍上がここのところリズムに乗れていなかったりと、どうにも不安なところはあるが、地力は最上位クラス。
鞍上もこの先のGⅠにおいて、自分とライバルのフランス人との乗り馬を比べると、ここに期するは大きいのではないだろうか。

とはいえ、ルメールを外すことは難しい。
カンタービレとどちらも選べる立場であろうところ、ノームコアを選んだとなると、やはり紫苑Sの勝ちっぷりは額面通りに受け取った方が良いのだろう。
秋華賞で消耗していないあたりもポイント高いのでは。

あとは常に相手なりに走るフロンテアクイーンと、先行して粘り強い競馬を再び見せてほしいクロコスミアも抑えておきたい。


つーかこの記事書きながらフジテレビの競馬番組流してたら、こじはると完全にカブった。。。
まあ予想家とのカブりは気にしない方なので別に良いのだが、ヘンな気持ち。


予想小説、ひそかに一周年。
第26話 エリザベス女王杯Ⅱ - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム