にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 マイルチャンピオンシップ 予想

天皇賞秋、JC、有馬、そして香港カップにヴァーズと、適性やら騎手確保の都合やらで使い分けされる王道と異なり、基本的にマイル路線の有力馬がみんな集まるこの舞台。
それだけにメンバーの豪華さ、そして難解さはこの秋一番かもしれない。

まーどの馬が来ても不思議ではなく、逆にまず確実だろうという軸馬候補はいない。
こんな時はあらゆる分析を駆使したところで正解を出すのは困難。最後にはどんな思い込みを馳せることができるか。そういうレースじゃなかろうかと。

◆マイルチャンピオンシップ

◎②ペルシアンナイト
◯③アルアイン
▲⑧モズアスコット
△⑮アエロリット
△⑭エアスピネル
☆⑥ジュールポレール
☆⑪ジャンダルム
 



余程のことがない限りペルシアンナイトの本命は変えるつもりはないが、他はまだまだ流動的。できればギリギリまで悩みたいが悲しいかな日曜日なのに仕事。
休憩時間の正午ごろには買わないとならない。

本命のペルシアンナイトはそもそも叩き良化型で、斤量59だったうえにスムーズに追い出せなかった前走は度外視。
昨年の勝ちもそうだが、スワーヴの強襲が決まった大阪杯の2着はかなり評価していいんじゃないかと。単純に馬の地力が抜けている可能性もあるかと。

その大阪杯で3着だったアルアインは、3歳1月のシンザン記念以来のマイルだが、鬼強の可能性もあれば案外の可能性もまあある。
好きな馬なので前者であってほしいと願っているが、オールカマー経て前走の天皇賞秋がメイチだったと思われる上に、2回輸送をこなしてるわけで、お釣りが残っているかがそもそも不安ではあるだろうか。

春のマイル王であるモズアスコットももちろん軽視はできない。
ステルヴィオやミッキーグローリーを選ぶこともできるルメールが選んでいるあたりも、GⅠでの9番人気1着はフロックではないんだろうなと。

外枠ではあるが先行するであろうアエロリットが、そのまま全然つかまらんやんけという展開はいかにもありそう。
輸送で結果を出していないのは気になるところだが、出遅れから凄い脚を使っていた桜花賞など見るに、必要以上にマイナスすることもないかと。

臨戦不安のエアスピネルだが、京都適性は抜群で、調子さえ戻していればむしろこの低人気は絶好の狙い目となる。

春にアエロリットもリスグラシューも下してるのに侮られてるジュールポレールと、とりわけ淀ではしばしば鬼神と化す武豊鞍上のジャンダルムも面白いところ。


無印とした中でも、前からロジクライ、後ろからステルヴィオなんかも切ろうかどうか悩ましいところ。
広く流しても妙味は薄く、この際、現時点で複勝が2.2-3.0つく本命馬に1点全予算投入なんてのもアリかなあと考えているところ。
そういう意味でも直前まで様子を見てから買いたかったんだけどなぁ……


ブログの数倍力入れて書いてるのがこちら。
今週は長めだけど、よかったら読んでみてください。
第27話 マイルチャンピオンシップⅡ - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム