にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 ジャパンカップ 予想

土曜日に残業を強いられたり。
勝手に書いてる小説もどきに時間取られすぎたり。
テリワンがらくらく冒険ばっかりで、いまいちゲームしてる醍醐味得られてなかったり。

しのごの言っても仕方がない。
時はきたそれだけだ、なんて独りごちて迎える2018年府中最終決戦。

◆ジャパンカップ

◎①アーモンドアイ
◯⑨シュヴァルグラン
▲⑧キセキ
△⑪スワーヴリチャード
☆⑤ミッキースワロー
 



牝馬三冠を1頭だけ違う動物なんじゃないかとすら思える力で余裕勝ちしてきたアーモンドアイ。
初の古馬戦、しかも揉まれやすい1枠1番に入ってしまい、2番から14番までズラッと歴戦の牡馬(一部騸馬)が並ぶ。
そんな不安要素もあるが、軽やかにはねのけてしまう力があることは何度も実証済。ここは伝説を目の当たりにできる期待も込めて本命としたい。

本来疑問視しても良いはずの3歳牝馬をさほど迷わず本命に推せるのは、対抗候補に盤石な存在がいないという点も大きい。
格の上では決して負けてない5頭のGⅠホースだが、現在の力量・調子は栄冠を勝ち取ったときとは大きく異なるように思える。

元来ストップザアーモンドの筆頭であるはずのスワーヴリチャードについては、前走不利があったとはいえ大敗しすぎのうえ、いつもは追い切りで結構時計を出しているところ、今回はもう一つ。
地力を発揮できれば鞍上も相俟って恐ろしい存在だが、果たしてどうか。押さえ程度としときたいところ。

それならば前年の勝ち馬で、有馬記念も不利がなければ際どく、天皇賞春も負けて強しだったシュヴァルグランに注目したい。
前走の京都大賞典の見どころに乏しい負けっぷりをどうとらえるか。大阪杯大敗後の天皇賞好走と重ねればさほど不安はない。ここメイチで勝ち負けも有り得る。
が、舞台も不向きで相手関係も強力だった大阪杯と、8分の出来でも良い勝負できなきゃおかしい京都大賞典を一緒くたにはできないという見方もあり、年齢的にも昨年のようなパフォーマンスはできない恐れも少なくはない。
人気を考えると妙味ある分も踏まえて対抗評価としたい。

どん底の春から復調の秋を迎えているキセキは、3連続の輸送で3連続の好走があるかどうか。
ウインテンダネスあたりが逃げれば番手で、行かないなら自らハナを切ることもでき、ここのところ日本人で唯一気を吐いている川田騎手のエスコート次第ではあれよあれよと残ることは十分に想定できる。

サトノ2頭は思いきって切るつもり。
クラウンはさすがにここ1年1秒差以上で負け続けてるのを見るに、いくら人気薄といえど買いづらい。
ダイヤモンドは京都大賞典の勝利をどれぐらいに見積もるか。個人的にはさほど高く買ってはおらず、あと直感的にモレイラと手が合わなそうな気がしてならない。

それならば特穴としてミッキースワローを狙いたい。
前走好メンバーの札幌記念で3番人気に推されるも、直線詰まってやっと開きかけたところにデムーロに入られてしまい終了。早々に追うのをやめて馬也になっており、完全に参考外と言っていい。
左回りの経験はないが、脚質的にも血統的にも府中は合うように思えて仕方がない。
アーモンドアイと一緒に、もしくは出し抜く形で上がってくる姿がちらついて仕方がない。


さてどうするか。本命アタマで買うか、でも万一飛んだりしたら……
心の中から声が聞こえる。やる前から負けること考えるバカがいるかよ、と。

うん。勝ちに行ってこよう。


話題になっていないことで話題の競馬予想小説はこちら。
第28話 ジャパンカップⅡ - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム