にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 ステイヤーズステークス・チャレンジカップ 予想

久々ののぞみで名古屋へと向かっている。
日々クタクタに過ごしており、たまに3連休とれたときぐらい家でゆるりとしたい気持ちもなくはないところだが、ここは旅打ち馬券師にモードを切り替えて勝負といこう。

日曜日のダートチャンピオン決定戦のオッズの動きにソワソワもするところであるが、土曜を制するものは日曜を制す。
東西の注目重賞を真ん中の地で勝ち取って弾みをつけようという魂胆。

◆ステイヤーズステークス

◎②ヴォージュ
◯⑪リッジマン
☆⑬メドウラーク

先に下記のチャレンジカップの予想を書き、さあステイヤーズか、まあこっちは勝ち馬は決まってるしなと出走表を見たところ、まさかのアルバート出走取消。
目が点。まさかこんな形で同一重賞4連覇の偉業が潰えるとは……今は大きな問題ではないことを祈るばかり。

こうなるとレースとしては、なかなか前が捉えられない、悪く言えばあまり締まらないレースになるのではないかと想定。
好枠も引いたヴォージュに流れが向くのでは。

相手は、そのヴォージュを前走余裕で下しているリッジマンと、長距離で新味が出ることに期待したいメドウラークで。

しかし残念だなぁ。。。
 



◆チャレンジカップ

◎③ダンビュライト
◯⑨エアウィンザー
▲②マウントゴールド
△⑧レイエンダ

開幕週の内回りで、逃げ馬多数、しかもその鞍上が武豊、横山、福永、小牧と歴戦の強者曲者ときており、展開も気になるところ。
案外前がやり合わずスローになるか、アポジーだけ飛ばして番手が実質スロー逃げとなる公算が高そうだが、中団からでも早めまくりで届くのではないかと踏んでいる。

ダンビュライトはちゃんと走りさえすれば頭一つ抜けた実力馬の筈。ここはきっちり勝って、また大きな舞台へと戻ってきてもらいたいところ。

対抗は、途中お休みは挟んだものの準OP・準OP・OPと3連勝で重賞挑戦のエアウィンザー。
前走下したメンバーと勝ち方を見るにここでもまず勝ち負け。3走前にはなにげにミッキーグローリーを下してたりもする。

先行勢ではなにがなんでも逃げなければってこともなく、うまく番手から内を回って美味しいとことれそうなマウントゴールドが有力か。
鞍上の巧みな騎乗への期待は言うまでもない。

レイエンダの取捨が悩ましいところ。
さすがに無視はしづらいが、キャリアの浅さと初の関西輸送という懸念材料がありつつ、ヘタしたら1倍台の一番人気というのはいかにも買いづらい。
オッズを見つつ、切りも一つの選択肢としておきたい。


こんなん書いてたらもうボチボチ到着。
中京ご当地の検討もしなくては。休日も休日で忙しくて参る。