にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 チャンピオンズカップ 感想戦

名古屋の地でコテンパンにやられ、大目当てのレースの前に足腰立たぬ状態に陥っている男がひとり。
わざわざ新幹線乗ってやって来て、早朝にホテルを出て始発電車に乗って開門に並んだのは、むざむざカネをむしりとられる為だったのか。

愚人はなまじ希望を捨てないから始末に負えない。
砂の王者決定戦に、一縷の希望を寄せて馬券を握りしめる。

www.bakenbaka.com

◆チャンピオンズカップ

◎⑧ケイティブレイブ
◯⑨サンライズソア
▲②ルヴァンスレーヴ
△⑪オメガパフューム
☆⑫ウェスタールンド

【買い目】
3連複 ⑧ー②⑨⑫ー②⑪⑫⑭⑮
3連単 ⑧⑫→⑧⑫→②⑨⑪/⑧⑫→②→⑧⑫
馬連 ⑫ー②⑧

強弱つけた3連複がメイン。無印の馬では、穴を開けるとしたら前の馬という鉄則の元、ピンク枠の2頭を選出。
 



【着順】
②ルヴァンスレーヴ ▲
⑫ウェスタールンド ☆
⑨サンライズソア ◯
①アンジュデジール
⑪オメガパフューム △

サンライズソアがすんなりハナに立つと思ってちたところ、最内のアンジュデジールや大外のピンク帽2頭やらが思いのほか進出してきて、そこそこゴチャつく先行争い。
ソアは好位から見る形に落ち着く。

そんな中、我が軸馬のケイティブレイブは中団控える形。あああーっ、もう少し前にいてほしいなぁー、それともだいぶペースが速いのか? と手に汗握っていたところ、よく見たらルヴァンスレーヴが番手につけていてビックリ仰天。
1000m62秒近くという数字が出て、あーやっぱその2頭の位置は逆であって欲しかったなあと。

熱狂渦巻くレースもあっという間に終盤。
直線、つい1週間前に府中の芝で見た天才少女のように、前を行く馬をとらえて先頭に立つルヴァンスレーヴ。
対して、ケイティブレイブは伸びない。中団からの脚比べでは分が悪いかと思ってはいたが、それにしても実力を考えると伸びなさすぎる。
後から西日がどうこうという珍言が飛び出したが、おそらくは調整の失敗だろう。馬体重はなるべく気にしないようにしているクチだが、さすがに前走が+10の過去最高体重で、今回更に+10というのは太めだったのでは。
GⅠデイ一般席エリアの券売機の混雑具合を考慮して、早い段階で馬券を全部買っており、馬体重発表後はどうにもできなかったことが悔やまれる。

肩を落としてルヴァンスレーヴの完勝を見つめていると、ウェスタールンドが最内から猛烈な脚色で進出し、好位からしっかり伸びたサンライズソアをとらえて2着。
度肝を抜かれるとはこのこと。3・4コーナーの時点でノンコノユメが最後方かと思いきや、更にかなり離されたしんがりに位置しており、あーあー全然ダメじゃんと呆れていた次第。
後から見たら、上がり34.4という他より1秒以上速い驚異的な末脚を使っていることもさることながら、見事に最内をロスなく回っており、すぐ前にいたノンコあたりと回った距離の違いは歴然。
しかも追い出しを待たねばならない瞬間が全くないほど前がポッカリ空いており、中京のコース形態上、こうなる公算が高いと判断したのか、藤岡佑騎手会心の騎乗だった。

おかげさまで、抑えの馬連だけ的中でこのレースの収支だけで見たら勝ちは勝ち。

でも、印つけた5頭のうち☆▲◯で決まったのに軸が飛んで6,000円もついた3連系を取れていないのは痛恨。フォーメーション2列目3頭の組み合わせにせめて200円でも割いていれば……
大外の大穴馬に大万馬券の希望を託したりするぐらいなら、抑えるべきを抑えておかねばならなかったと猛省。
何だかずっとこんなんの繰り返しのような。


次にこの地を訪れるのはいつになるか。
その時には少しは成長していたい。


こちらいつもの小説もどき。今期の澤多莉さんは割と2着を当てがち
kakuyomu.jp