にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 阪神ジュベナイルフィリーズ 感想戦

ある程度格付けが固まってきている筈の3歳春秋よりも、まだまだ爪を隠した実力者がいそうな2歳時のレースの方が荒れそうなものなのだが、不思議とここ2年は3着まで固めで決まっているこのレース。
(昨年は1番人気こそ飛んだがそれでも3連複2,160円)

今年も固いか、それとも荒れるか。
どちらにしても、当てないことには仕方がない。

www.bakenbaka.com

◆阪神ジュベナイルフィリーズ

◎⑨クロノジェネシス
◯⑪ビーチサンバ
▲⑩タニノミッション
△⑬ダノンファンタジー
△⑫レッドアネモス
☆⑤メイショウショウブ

【買い目】
枠連 [5]ー[3][5][6][7]

印つけた馬がだいぶ固まっているうえに、橙や赤は極端な不人気馬と同枠ということで、馬連散らすよりも枠連の方が妙味アリとチョイス。
3連系はよほどトリッキーにいかねば付かない上に、3着に切った馬に飛び込まれる恐れは高いかとやめておく。
 



【着順】
⑬ダノンファンタジー △
⑨クロノジェネシス ◎
⑪ビーチサンバ ◯
④シェーングランツ
③プールヴィル

本命クロノジェネシスが激しく出遅れ。これまでゲートは良い方だったのになぜじゃあと頭を抱える。
が、好位から速い上がりを使える馬が有利かと思ってた(そりゃそうなのだが)ところ、そういう競馬をやるかなと思っていた有力馬が揃って後方からのレースに。

結果、時計的にペースは平均的だったと思うが、上位を占めたのは後方から追い込んできた馬たち。
これは展開云々というよりは、単に後ろの方に強い馬がいたという話だろう。

出遅れも響いたかクロノジェネシスはダノンファンタジーとの追い比べに屈したが、次の舞台での逆転は全然射程圏内。
3着のビーチサンバも、馬込みから抜け出すのに手こずった4着シェーングランツも春に戴冠していることは十分にあり得る位置にいるかなあと。

というわけで馬券の方は今年もカチカチ。10分ちょい前に購入した時点では6倍ほどだった枠連が5.2倍まで下がっての、何だかなな的中。

一番の人気目だったのでもう少し資金配分の割合を多くしようかなとも思ったのだが、ダノンファンタジーはそこまで重視はしていなかったので。
ちなみにGI予算は通常5,000円のところ、2歳戦は3,000円に抑えることにし、その代わり有馬記念に諭吉さん勝負というはこびになっている。

GIに関してだけいえばなにげに3連続的中。どれも安い馬券しか取れていないが。
まあ何とか来週も流れを切らさず、有馬の大勝負へとつなげたいところ。


メイショウショウブも悪くはなかったのだが……
kakuyomu.jp