にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 ターコイズステークス 予想

いよいよ平成最後の年の瀬も押し迫ってきた。
新しい年への、クリスマスへの、そして有馬記念へのカウントダウンもされており、忙しい中にも浮き足立ってしまうところのある今日この頃。

いやいやこういう時こそしっかり足を地につけねばならない。
まずは目の前を見据えねばならぬ。2歳チャンピオンを決める大きな戦いもあれば、なかなかの女傑たちが揃った牝馬重賞もある。
まずはここに全身全霊をもって取り組まねば。暮れの大祭りを満喫するのはそれからでも遅くない。

◆ターコイズステークス

◎⑬フロンテアクイーン
◯③ミスパンテール
▲⑩プリモシーン
△⑤フローレスマジック
☆⑮カワキタエンカ

有力馬のこの秋の戦果を眺めると、GIで結果を残せなかった馬と、条件戦を強く勝ち上がってきた馬に別れている。
で、今回については前者を重視しようかなと。戦ってきた相手が違うのではなかろうかと。
 



重賞5回2着という超善戦女子であるフロンテアクイーンだが、なにげに外国人ジョッキーが跨るのは今回が初。
このメンバーで力上位なのは言うに及ばず、ここでサラッと勝ってしまうなんて筋書きもいかにもありそうな気がする。

この秋大敗2つのミスパンテールだが、1600以下では重賞3連勝を含む安定した成績を残している。得意の舞台でゲートしっかり出られれば好枠好位で優位にレースを進められる筈。

ミスパンテール以上に出負け濃厚なプリモシーンだが、うまく追い出せれば力は抜けている可能性も。
女王からグンと離された3歳牝馬の2番手集団だが、エリ女に出た2頭を見る限り上の世代には全然通用すると見ている。

足踏みも長かった印象だが、降級してから2着1着1着と結果を出し、ついにオープン入りしたフローレスマジック。
今年に入ってからずっとルメールが乗ってるあたり、陣営の期待も大きいのだろう。
ここもあっさり勝ち取って、3歳春にしのぎを削っていたモズカッチャンやリスグラシューと再び相見える舞台へと駆け上がるかもしれない。
この馬もまたゲート悪いのが気がかり。

外枠ではあるが、典さんがイタズラしてこなければまずハナに立つであろうカワキタエンカの逃げ残りは絶対に警戒しなければならない。
うまくレースをコントロールできればしめたもの。後方にいる有力馬が勝手にごちゃついて漁夫の利パターンもあり得る。
前走ダートで使って5秒以上負けるという謎行動をどうとらえるべきか迷うが、まあ参考外で良いのかなと。


他にも時折の激走で穴開けそうな馬はゴロゴロいるので、どう買ったものか悩ましいところ。
女の子は気まぐれで困る。