にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 フェアリーステークス 予想

前記事で書いたように、束の間の休暇を取得したわけだが、ポイントは敢えて月〜金という中央競馬のない5日間としたこと。
今回は本当に『休み』をとることが第一義としてあり、「競馬ある日だと競馬やっちゃうから休めないんで」と土日を避けた理由を述べたところ、上司には何言ってるかわからないといった顔をされてしまった。
世の馬券師諸兄にはきっとご理解いただけると思うのだが。

そんな夢の5日間もあっという間に過ぎ去ろうとしており、気がつけば最終日。
意義があったかはわからないが、それなりに意味はある休みにはなったかなあと。

さて明日からまた仕事だという気持ちよりも、さあ明日から3日間開催だという意気込みなのは当然のこと。
久々に向き合う出走表が新鮮に映るのも、休暇の賜物かもしれない。

まずは昨年万馬券を的中したゲンの良いレース。今年もまた若いムスメさんたちに儲けさせてもらおうなどと、女衒のようなことを目論むわたくし。
 



◆フェアリーステークス

◎⑪アクアミラビリス
◯⑧ホウオウカトリーヌ
▲⑬グレイスアン

とは言うものの、どうにもメンバー的に食指が動きにくいというか、ほとんどが1勝馬であるうえに、期待馬が除外となってしまい、実際その辺の500万下と大差ないじゃんといった顔ぶれ。
正直、全頭1勝馬だった昨年よりもむしろ小粒になった印象は拭えない。

そうなると、やはり底が見えない1戦1勝馬に大器の望みを託したいところ。
アクアミラビリスの新馬戦を見るに、その片鱗が窺えた……とまでは断言できないが、可能性は大いに感じられた。
前半が超スローだったため、時計は大したことないが、まあここは余裕でしょうといった次のステージが楽しみになる勝ちっぷり。
まして鞍上はミルコ・デムーロ。個人的に外国人騎手が日本人騎手と比べて最も優れている部分は、例えば超スローなどで鞍上に臨機応変さが求められる展開の時に、思いきったレースができることだと思っている。
もちろんそれは腕前や判断力のみならず、陣営との関係性やら何やらも作用しているところかとは思うが。
今回はまさしくそのストロングポイントが活きるレースになりそう。人気はするだろうが、本命は動かしがたいところ。

本命馬が未知の魅力としたら、対抗は既知の実力を有する馬、ホウオウカトリーヌを挙げたい。
デビュー以来の使い詰めと距離延長は気になるところだが、数少ない2勝馬で、常に安定した走りをしてきている。
距離さえ問題なければ、このメンバーなら格勝ちすることもあるかと。

グレイスアンも1戦1勝で、前走の勝ちっぷりはさほど強そうには見えないが、先行力は魅力。思いきってハナでも良いので前で粘る競馬してもらえれば。


抜けて強いのがおらず、どれが来るかわからないレースだからこそ、むやみに広げたりせずこれぐらいに絞ってバシッといきたい。