にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 日経新春杯 予想

土曜のフェアリーステークスは混戦の中3頭に絞ったうち人気薄めの2頭が2着3着にも関わらず、馬連しか持ってなくてワイドは抑えていないという結果。
1,500円もついてたのに何で抑えとかネーンダヨという所以は感想戦で書くとして、勝てたレースでみすみす負けるという非常にアタマの悪い我が所行に些かの意気消沈は免れないところ。

いやいや予想はイイ線ついてるんだと気持ちを切り替え、日曜日の勝負に臨みたい。

◆日経新春杯

◎⑫メイショウテッコン
◯②グローリーヴェイズ
▲⑪ノーブルマーズ
△⑩ルックトゥワイス
△⑯ムイトオブリガード
☆⑮ロードヴァンドール
 



年が明け、古馬重賞は明け4歳馬が歴戦の実績馬に挑みゆくという構図がより色濃くなってきており、ここもまた注目の一戦。
とはいえ、ここはGⅡでは珍しいハンデ戦。目一杯背負わされそうな実績馬は出てこれず、ここはやはりクラシックで少し足りなかった若手たちのステップの場と見るべきだろうか。

メイショウテッコンは、直線のみのキレ勝負となった菊花賞では大敗したものの、前哨戦ではワグネリアンと0.1差、春から夏にかけてはフィエールマンやエタリオウを下したこともあり、十分に一線級候補と言える素材。
今回逃げ・先行馬が多く、ハナを争いペースが早くなるのか、案外落ち着いた流れになるかは読みづらいが、鞍上は再登板の武豊。よもや濁流に飲まれるような騎乗はしないだろう。(たまにする時もあるけど)
すんなり前に行ければそれで良し、大逃げする馬がいれば離れた番手で実質スロー逃げという、強い先行馬が最も勝ちに近づく競馬をしてくれるものと期待したい。

出負けは怖いものの、グローリーヴェイズは展開関係なく、抜けて強い可能性がある。
菊花賞の走りぶりから判断すると、ブラストワンピースと同等ということになり、もちろんそんな単純な話ではないことは100も承知ではあるが、ここで軽視はあまりにも危険。

過去12回京都で走り、複を外したのは3回という隠れた京都巧者の可能性があるノーブルマーズは是非抑えておきたい。
JCがいくらなんでもの負けっぷりだが、時計のかかる馬場でなら勝機あるのでは。

ルックトゥワイス、ムイトオブリガードが後ろから突っ込んでくることもありそうだし、前走究極のヤラズかました横山典onロードヴァンドールが昨年の再現をやってのけるかもしれない。
この辺りの取捨と買い方はもう少し考えたい。

勝つにせよ負けるにせよ、後悔はなるべくしないように。