にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 京成杯 予想

三日開催の三日目。

土曜のフェアリーステークスは3頭に絞って2着3着もワイドを買っておらず涙。
日曜の日経新春杯はとりわけ先行得意な名手が跨がる先行馬が妙味アリと思いきや絵に描いたような出遅れで涙。

祝日の月曜日こそ、その名の通り祝いの日となるような大勝を決め、涙を乾かしたいものだが。

◆京成杯

◎⑫ダノンラスター
◯⑥カテドラル

てか買いたいのがコレぐらいしかいない。
 
2歳コースレコードが飛び出した葉牡丹賞組は罠と考える。
レースそのものは同舞台の京成杯へと直結するので注意かもしれないが、4頭が2分を切っており、高速馬場で時計の出やすい展開だったと考えるべきで、必要以上に高く評価すべきではないかなと。
 



それならば勝ち馬がGⅠでも好走するなど、一定のレベルであったことは間違いない東スポ杯で真価を発揮できなかった馬の方を高く見積もりたい。

ダノンラスターは後方から捌くのに苦労する競馬になってしまうも最後まで伸びての5着。もう少しスムーズにいけてれば勝てたかはともかく、雪崩れ込んでゴールしたうちの1頭にはなれていた筈。
新馬・重賞とモレイラを乗せ、ここでデムーロを確保するあたり陣営の本気が窺える。
出遅れが危惧されるが、差しは効く馬場のようだし、どスローなら鞍上は躊躇なく進出していくと思われるし、そこまでは気にしなくて良いのかなと。

カテドラルは、前走初輸送が響いたのか何なのか、敗因はよくわからないがあそこまで負けるなら度外視で良いんじゃないかと思いたい。
野呂菊Sでは後ろから来たヴェロックスに詰めさせず、新馬戦でもタフな相手に完勝と、実力は確か。超早熟でもない限りここでは勝ち負けできるはず。
鞍上もダービーとったからジョッキーとしてはもう上がりなどと思わず(思っちゃいないだろうが)、また新馬からタッグを組んでるこういう馬でいっちょ連覇なぞ目指してくれてもええんやで。
そういえば中京デビュー勝ち→野呂菊S勝ち→東スポ杯参戦という流れまでは同じだったのね。そこでは1が一つ余計な着順になってしまったが、ここで軌道修正してくれてもええんやで。


この2頭の馬連・ワイドにブッコミーの、ガッポリ稼ぎーの、新成人にカネばらまきーの、なんてしようかなと。
妄想を逞しくしている我が頭の中はいつでも祝日おめでたい。