にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 京成杯 感想戦

3日開催3重賞のその参。もとい惨。
せめて一つは勝ちたい。週明け火曜日に溶かした小麦粉をすすって飢えをしのぐなんて羽目には陥りたくない。

皐月賞と同舞台ではあるものの、世代のトップクラスはこの時期にここに持ってくるぐらいなら年末のGⅠ使うのであまりクラシックに直結はしないイメージのこのレース。
とはいえ、昨年はここの1、2着が皐月賞とダービーで3着に入ったりもしており、トレンドは絶えず移り変わるもの、年始の中山で台頭した馬が春に頂点まで昇りつめるなんてこともあるやもしれぬと刮目。

www.bakenbaka.com

◆京成杯

◎⑫ダノンラスター
◯⑥カテドラル

【買い目】
馬連・ワイド ⑥-⑫
 



【着順】
⑦ラストドラフト
⑤ランフォザローゼス
②ヒンドゥタイムズ
⑨シークレットラン
⑪リーガルメイン

葉牡丹賞組を軽視した所以はといえば、勝ち馬と同等に強かったランフォザローゼスに、新馬戦で跨ってたルメールが乗らずに1戦1勝のラストドラフトに乗っていたこと。
陣営と騎手とどちらサイドが選ぶ立場だったかはわからぬが、ノーザン・藤沢厩舎で勝ち負けが見込める馬ならまずルメを乗せているだろうと。
かといってラストドラフトも新馬戦見る限りそこまで抜けて強いようにも思えない。それなら今回は東スポ杯組こそチョイスすべきと判断。

で、結果はルメが乗った馬が1着で乗らなかった方が2着というのだから、こちらはとんだ道化野郎である。

逃げたカテドラルはあまりに脆い垂れっぷりで、レース後早々にマイラー宣言が出される始末。

ダノンラスターはといえば、コーナーで捲りかけるも途中でまた後退。
コレは鞍上がサトノクラウンでキタサンブラックを潰した宝塚記念のヒット&アウェイ作戦の再現か⁉︎ と胸ときめかすも、どうやら単に捲りきるだけの脚が無かった模様。

かくして、2頭だけ選んで本命がシンガリ、対抗がブービーという逆馬単達成。コノ人もう競馬やめた方が良いのでは。


というわけで、一敗地、もとい三敗地にまみれたこの度の三日開催。
しかしめげている暇はない。今年の目標がまたひとつ増えた。
勝って勝って勝ちまくりの三日開催をどこかで達成してやろう。やらねばならない。

今度こそ祝日を文字通り祝いの日にしてやろうと、小麦粉をすすりながら開催日割カレンダーを睨みつけ。