にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 東海ステークス 感想戦

今年最初の現地参戦とするか、或いは家事片付けつつこれも久々の自宅WINSを楽しむかと目論んでいた日曜日であったが、朝起きたら何やら頭がズッシリ重く、競馬を楽しむ気力も湧いてこない状態。
垂れ流しのグリチャはぼんやり眺めるものの、メインレースの時間まで思考は回らず、霞がかったような状態でPATをポチポチ。

それでいて、翌月曜日にはすっかり快復していて、行きたくもない会社に行かない理由も特にないというのだから業腹。

また新たな俊英がダートの天下取りに名乗りを上げたり、かつてキタサンブラックが君臨する王道路線に果敢に挑戦し、力尽きたと思われたあの馬の復活劇があったり。
あの日曜日は元気に楽しみを享受したかったなあと振り返る。

www.bakenbaka.com

◆東海ステークス

◎④インティ
◯⑤スマハマ
▲⑦アンジュデジール
△③チュウワウィザード
☆⑥アングライフェン

【買い目】
3連複 ④ー⑤ー③⑥⑦/⑥ー③④⑤⑦
 



【着順】
④インティ ◎
③チュウワウィザード △
⑤スマハマ ◯
⑩コスモカナディアン
②アスカノロマン

2頭軸のインティとスマハマが主張し合ってしまうかと思ったが、インティが頭に収まってからは落ち着いたペース。いかにも中京のコーナー4つといった感じの前有利の流れ。
とは言っても、最後まで伸び、チャンピオンズカップよりも速い時計を余裕で刻んだインティは隙のない強さ。
未勝利から6連勝で一気に重賞制覇を果たし、次なる舞台でも当然……と期待はかかるが、それがフェブラリーSとなると果たしてどうか。
前半がやたら速くなりがちな舞台で、しかも関東輸送は初めて、距離短縮も良いとは限らない。
どうしても昨年東海Sを勝ったテイエムジンソクをダブらせてしまうのだが、果たしてどうか。その答えは一ヶ月後には出る。もう目の前。

やや疑問視していたチュウワウィザードも、さすが最強世代の強豪の一角といった強さ。
スマハマは勝ち馬の影も踏めなかったものの、何とか3着には残ってくれて、激安3連複ゲット。昨年の万馬券と比べるとささやかな的中ではあるが、さすがに厚めに張ってはいたので堂々勝利。


当たると幾分元気が出てくる。
余勢をかってもうひとつのGⅡ戦へと。