にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 シルクロードステークス・根岸ステークス 予想

愛知で躓き、雪化粧の白富士を横目にすっ転ぶ。
そんな東海道惨敗紀行といった憂き目に陥った土曜日。ただただ己が不甲斐ない。
こうなれば我が地元のほど近く、根岸の地で雪辱を果たすか、はたまた遥か西方・シルクロードへ飛んでくか。

何を言ってるのかよくわからんが、ともあれ馬券よ当たっておくれ。

◆シルクロードステークス

◎②ダノンスマッシュ
◯⑬ダイメイプリンセス
▲⑩ラブカンプー
△⑥ラインスピリット
☆⑱ティーハーフ

天候が懸念され、前日発売取りやめという状況を受け、コレはレースが行われるのが明日だろうと明後日だろうと馬場が荒れて配当も荒れるに違いないと見る向きもある模様。
が、にわかといえど経験上知っている。そんな時こそ固く決まったり、まあ多少ついたとしてもそんなメチャクチャな荒れ方はしないもの。

というわけで、まず好結果を出すだろうと思われるのは、スプリントに路線を定めてから抜群の強さを見せている明け4歳馬のダノンスマッシュ。
同じ父を持つあの年度代表馬が2400の国内最高賞金レースを制した同日にスプリントの重賞を勝つとか、次代の覇者への期待すら抱いてしまうというもの。

相手候補は非常に難しいが、色々考えた結果、結局スプリンターズSの2〜4着馬かなと。
1200以下の実績を見るとラブカンプーは外せないし、となると夏はそのラブカンプーと互角の戦いを繰り返し勝ち越しているダイアナプリンセスも外せないし、となるとGⅠの舞台でその2頭と互角に戦ったラインスピリットも人気薄となると外せない。

特選馬はティーハーフ。今の差しが届きやすい京都の馬場で、思い切りの良い競馬に徹すればワンチャンあるのかなと。
 



◆根岸ステークス

◎⑫サンライズノヴァ
◯⑥モーニン
▲①クインズサターン
△⑪コパノキッキング
△⑯マテラスカイ
☆⑧ヤマニンアンプリメ

前走で逃げないと厳しいことがわかったマテラスカイがまずハナを切るはずで、いくら匠の逃げ師が鞍上といえど、1400で大外となるとそれなりにハイペースにはなってしまう筈。

となると東京らしく末脚型にチャンスのある展開になるのではということで、人気どころではあるがサンライズノヴァが本命。
そもそも昨年は実に7回この地で走っており、[3.3.0.1]の成績、馬券外の1回もGⅠの4着という専用機ぶり。ここは素直にいくのが吉。

相手筆頭はモーニン。若き日に頂点に立ち、その後伸び悩んでしまった印象だが、実は1400ではまだまだ一線級。元々東京も得意。
イキのいい4、5歳の陰に隠れて妙味もなかなかのもの。ぜひ買っときたい。

コパノキッキングは先行気質の鞍上がマテラスカイと競り合ってしまったりしないかが不安だが、こういう連勝街道に乗ってる馬はたやすく切れない。

マテラスカイの逃げ残りも警戒。
先行馬に苦しい流れでも、きっぷよく逃げた馬だけは残ってしまうという展開は何度となく目にしている。

穴候補はヤマニンアンプリメ。OP入りしたばかりの馬だが、常に1〜3番目に速い上がりを使っており、こういう馬が初めて東京で走るとなると、不安よりもバシッとハマったときの期待感の方をついつい抱いてしまう。


どっちか当たれば今月は勝ちになるかもしれず、外れたら負け確定。
1月重賞で万馬券2度当てるなど、出だし良かった昨年ですら2月から夏頃まではとてつもなく苦しんだ。
まして初っ端負け越しから入ったらどんな1年になってしまうんだ。

勝ちたい。