にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 愛知杯・シルクロードステークス・根岸ステークス 感想戦

もう木曜日も終わり、また週末がすぐそこというのに、今更先週の惨事を振り返る。
目を背けてばかりはいられない。せめて1月のうちにしっかり反省することにしよう。

www.bakenbaka.com

◆愛知杯

◎①レッドジェノヴァ
◯④コルコバード
▲⑪ノームコア
☆⑥レイズアベール
☆⑧ランドネ

【買い目】
単勝 ①
馬連・ワイド ①ー④

【着順】
⑤ワンブレスアウェイ
⑪ノームコア ▲
⑧ランドネ ☆
⑨ウラヌスチャーム
④コルコバード ◯

どスローになることは折り込み済だったが、デムもルメも途中で仕掛けないオーソドックスな競馬に徹したのが誤算。
にしても悪くない位置どりに見えたレッドジェノヴァがああも伸びぬとは。ノーチャンスと見るやミルコが早めに追うのをやめるのはいつものことでまあ別にいいのだが、明らかに5着はあったなってところで6着になってしまい、オーナーサイド的にはどうなのかなと思ったり。

後から見れば、重賞でなかなか結果は出てないものの、いつもそれなりにまとめていたワンブレスアウェイを即切りしてたのは節穴としか。

直線の入りで前の方にいた馬が上位を占めた中、2着に入ったノームコアは際立った。
春はヴィクトリアマイルが目標かなと思うが、アーモンドアイは当然不在だろうし、強豪5歳牝馬もこぞって海外か混合戦を志向してるっぽいので、結構チャンスあるのでは。

www.bakenbaka.com

◆シルクロードステークス

◎②ダノンスマッシュ
◯⑬ダイメイプリンセス
▲⑩ラブカンプー
△⑥ラインスピリット
☆⑱ティーハーフ

【買い目】
3連複 ②⑥⑩⑬⑱
馬連 ②ー⑥⑬⑱/⑥⑩⑬
ワイド ⑱ー⑩⑬

【着順】
②ダノンスマッシュ ◎
⑧エスティタート
⑱ティーハーフ ☆
⑯アンヴァル
⑰アレスバローズ

内枠がアダとなり、閉じ込められてやっちまったかと思われたダノンスマッシュの前が空いてからの脚色の見事さ。
ファインニードルがまさかの引退を喫したスプリント界の新たな覇者を目指せる存在なのは間違いないところ。楽しみ。

今の京都の時計がかかり外差しが効く馬場であればティーハーフにチャンスがあるという見立ては見事に的中。

そして、何度見ても②ー⑱のワイドは買っていない。

ゴチャゴチャ買い目をこねくって、ワイド◯ー☆や▲ー☆は買っているのに、◎ー☆の組み合わせは抑えていない意味不明さ。
一応、昼休みに購入した時点では(2着馬がわけわからんの来たとはいえ)26倍もの想定は無かったこととか、このワイドはあくまで本命が飛んだとき用の抑えであったこととか、エクスキューズはあるものの、後から振り返ると「ふーんバカだね」の一言。

しかも今回、最初に出走表見た時点で、混戦でわからんから穴馬の複勝一点勝負にしよかなと考えてて、それで見出したのがティーハーフだったりするわけで。
その後なまじ時間あったために丹念に各馬の馬柱見てしまい、シンプルイズベストだった筈がコンプレックスイズワーストへと変貌を遂げてしまったわけで……

いつもながら、こういう自らの愚かさを噛み締めさせられる負け方は悔やまれる。
てかマジ浜中じゃまくせぇ。
 



◆根岸ステークス

◎⑫サンライズノヴァ
◯⑥モーニン
▲①クインズサターン
△⑪コパノキッキング
△⑯マテラスカイ
☆⑧ヤマニンアンプリメ

【買い目】
3連複 ⑥⑫ー①⑥⑧⑪⑯ー①⑧⑪⑯
馬連 ①⑥⑫

【着順】
⑪コパノキッキング △
②ユラノト
①クインズサターン ▲
⑥モーニン ◯
⑨ワンダーリーデル

昨年のこのレースやフェブラリーSや武蔵野Sのように、前が速くなり追い込み馬が来るかなと思っていたが、マテラスカイが存外にそこそこのペースにとどまってしまい、直線である程度の位置にいなければ厳しい展開に。

が、これまで展開向かなくても東京ではしっかり末脚を使い、必ず上がり上位に入っていたサンライズノヴァのあの体たらくは想定外。
3歳時の武蔵野S以来の謎の大敗ということで、あまり気にしなくて良いのか、とりわけダート馬には突然訪れる印象の強い終わりの始まりなのか。次走刮目。

こういうときのために二頭軸ならぬ二本軸にしていたもう一方のモーニンも、あの位置からでは及ばずの4着。
てかマジルメールじゃまくせぇ。

レース後、すぐさま勝ち馬のオーナーサイドから本番のフェブラリーSでは藤田菜七子騎手に騎乗させると宣言が飛び出し、競馬ファン界隈は大いに湧く。
てかまさか初GⅠでこれほどの有力馬がまわってくるとは。今回の鞍上が距離が持たないことを明言していたりはするものの、ここ数年の根岸S勝ち馬の本番での成績を見るに、決して軽視はできない。

今年のフェブラリーステークスも面白くなりそうである。

そう、もう2月、新たな月。
芳しくなかった1月のことは忘れ、気持ちを新たに頑張っていきまっしょい。