にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 きさらぎ賞・東京新聞杯 感想戦

関東は好天とこの季節としては温暖な気候に恵まれた週末。
絶好の競馬日和だったのだが、悲しいかな土曜は仕事で、日曜は目覚めたときは既に昼前と、今年の現地初参戦の好機を逃してしまう。

まあいい。窓外に春の香りを感じながらのテレビ競馬もオツなもの。
こんな日はここのところの悪い流れも変わるかもしれないと、期待を込めて。

www.bakenbaka.com

◆きさらぎ賞

◎⑦アガラス
◯③ヴァンドギャルド
☆⑧メイショウテンゲン

【買い目】
馬連 ③ー⑦
3連単 ⑦→③⇔⑧

【着順】
④ダノンチェイサー
①タガノディアマンテ
⑥ランスオブプラーナ
③ヴァンドギャルド ◯
⑧メイショウテンゲン ☆

期待は粉々に打ち砕かれる。
アガラスもヴァンドギャルドも東スポ杯で見せた強者の片鱗はまるで見あたらず、とりわけ本命のアガラスは終始かかっていた上に、最後までジョギングといった走りぶりの惨敗。
キッチリ仕上げられなかったのかなと思うが、或いはたまによくいる外国人騎手でないと御せないタイプの馬なのかもしれない。

巷であまり本命馬が来ない予想家を逆神などと気軽に言ったりしているが、今回の当方は、8頭中3頭に印付けており、それを外した5頭の3連単ボックスを買っておけば14万つくという神業を披露。
御利益も考えると、こういうのこそ逆神と呼んで然るべきなのではないだろうか。
 



◆東京新聞杯

◎①サトノアレス
◯②インディチャンプ
▲⑩ロジクライ
△⑤タワーオブロンドン
△⑥レッドオルガ

【買い目】
馬連 ①②⑩
3連複 ①ー②⑩ー⑤⑥⑧⑩⑬

【着順】
②インディチャンプ ◯
⑥レッドオルガ △
①サトノアレス ◎
⑧ロードクエスト
⑤タワーオブロンドン △

入りの3ハロン34.5、5ハロン57.2という厳しい流れの見ごたえあるレース。
中団に控えた有力馬たちが進出して叩き合う展開を制したのは1番人気のインディチャンプ。昨年のリスグラシューほど劇的ではないが、確かな地力を感じる勝利。

残り100mぐらいのサトノアレスの脚色を見て、馬連・3連複両取り成ったと思いきや、レッドオルガが粘りきり、軍配は柴山でなく北村の方のユーイチに上がる。その更に前のユーイチに届かないのは仕方ないが、ここは交わしてほしかったなあと痛哭。
実のところ、ひと通り検討を終えブログ記事にとりかかった時点ではこの2着馬はノーマークだったのだが、この馬自身のみならず兄弟姉妹の多くが府中マイルを大の得意とする一族であることに気付き、コレはほっとけないと△を付けた次第。
それにつけてもこれほど強いとは……基本血統は参考程度で、どちらかといえば軽視派なのだが、競馬は奥が深いんだなあと。

印付けた馬だけ買っとけば、おそらく200円×43という多少まとまった勝ちになっていたと思うが、ロードクエストやらリライアブルエースという無印の穴馬に可能性を感じてしまい、予算を割いてしまっており、2,400円投入の4300円戻りという微妙すぎる勝ちに終わってしまう。
土日のトータルではもちろん負け。


まあともあれ随分と久々に的中が出たことを喜ぶことにしよう。
一日明けて立春、暦の上では春。その訪れを言祝いでいるのか、月曜日は本当に春のような日和になった。


この調子で、我が馬券道も春到来といきたいもの。

週中からまたグッと冷え込むらしいけど……