にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 クイーンカップ 予想

牡牝ともにクラシックへと繋がるはずの重賞が我がホームである東京競馬場で行われる週末であるが、いずれも小頭数で穴馬を見出すのが難しい割には配当は美味しくならなさそうで、しかも土曜は仕事、日曜も所用で現地はおろかリアルタイム観戦も能わないとなると、いまいちテンション上がらないのが本音。

馬券については京都記念と祝日の佐賀記念のみにして3歳戦は見もありだなと思いつつ。

◆クイーンカップ

◎⑨クロノジェネシス
◯⑥ビーチサンバ
△⑦カレンブーケドール
☆④ジョディー
 



阪神JFでも本命対抗としており、実際2着3着と結果も出した2頭がやはり抜けて強いと思える。てか強さの裏打ちがある。特に激しい出遅れから最も強いと思わせる競馬をしたクロノジェネシスは東京であればより良さが出て、悪さをカバーしやすいはず。
桜花賞どころかオークス出るだけの賞金は既に稼いでいるものの、わざわざ本番の2ヶ月前に出してくるあたり、結果は問わない叩きというわけでもないだろう。しっかり取りにきていると見る。

対してビーチサンバは抜けた強さは感じないものの、崩れもしなさそう。1世代上でいえばリリーノーブルとかマウレアと似たイメージか。
つまりこの舞台なら普通に勝ち負け。
こっちはオークスのボーダーが高くなったら微妙なセンなので、できれば賞金も積みたい筈。

8月に新馬戦勝って以来のルメール騎乗のフランケル産駒に、GⅠ上位馬を凌駕する可能性を託したくなる気持ちはわからなくもないが、そこそこ人気しているようならこの未知数さはむしろ嫌うべき要素。

妙味を見出すとしたら、新馬戦でダノンキングリーに肉薄していたカレンブーケドールか、穴は後ろからでなく前から開くという鉄則に従ってジョディーか。
チャンス十分とまでは言えないかもしれないが、食い込んできてもおかしくはない。


どう買うか、そもそも買うか見にするかは、仕事の休憩時間にオッズ確認しつつ判断となるだろうか。
どうも土曜の東京開催は危ぶまれている状況だが、月曜に代替開催となればじっくり考えられるので俺得だったりするのだが、まあ関係各位のことを考えるとそんなんを望むべきではないだろう。

てか競馬をやろうとやるまいと、雪の中出勤になりそうという時点でションボリではある。