にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 京都記念・共同通信杯 予想

極寒に見舞われた土曜日の東京、馬も休んでいるというのに、労苦にあえいでいた当方。
ガチガチに決まった京都メインだけセコくゲットして、さあ仕事も休みの日曜日に本腰入れてと言いたいところであるが、友だち少な人間としてはきわめて珍しく終日仲間うちでの会合があるため、また片手間になってしまう。

せめて事前の検討は入念に行い、大枚ゲット、さすがにめくるめく競馬ウィークエンドとする予定の来週への弾みとしたい。

◆京都記念

◎⑤ブラックバゴ
◯②ノーブルマーズ
▲⑧ダンビュライト
△⑦パフォーマプロミス
△⑩ステイフーリッシュ
△⑪タイムフライヤー

コース替わり前の先々週あたりほどではない気もするが、京都の馬場は時計がかかり外差しが効く傾向。
となると、ブラックバゴはここでやらねばいつ勝ち負けできるのかと。
シルクの勝負服で人気薄の末脚型の馬に池添。やってくれそうな気配はプンプンである。

ノーブルマーズとダンビュライトはいずれもキレ味勝負だと難しいが、こういう力のいる馬場なら勝機あり。
このメンバーだと先行どころか逃げになる可能性もあり、前が潰れる展開が怖いところではあるが、そのケースでもどっちかは何とかしぶとく残れる公算もかなりあるかと。

買い方にもよるが、GⅡ番長疑惑のあるパフォーマプロミス、過去2走の成績が最も良いステイフーリッシュ、実はそのステイフーリッシュのライバル的な感じで白熱した戦いを繰り広げてきているタイムフライヤーは抑えておきたいが、いずれもそこそこ人気。どうしたものか。

心情的には思い入れある世代のダービー馬も切りがたいところもあるし、ここは相手なんでも良しのブラックバゴ単複という手もあるが、思ったほどはオッズつかなさそうだなあ……
 


ピンク帽が存在しないほどに少頭数の東京メインはサクッと。

◆共同通信杯

◎⑤フォッサマグナ
◯④アドマイヤマーズ

早くも始動の朝日杯馬だが、まだ皐月賞まで2ヶ月、ダービーまで3ヶ月あるこの時期に輸送と東京競馬場を経験させるのが本義で、何が何でも勝ちに来るという感じではないだろう。
それでも絶対的な能力差で勝ってしまうことは十分にあり得るところ。

が、今回はフォッサマグナ。
2ハロン短い新馬戦を勝ったばかりでの重賞挑戦ということで、大体の場合自分が嫌うパターンではあるが、もし現在の某サイトでの想定どおりメイチには遠いアドマイヤマーズが単勝1倍台の人気で、ルメール騎乗のこの馬が4倍以上つくのであれば狙っても良いケースかと。
アーモンドアイにしてもフィエールマンにしても半信半疑の段階はあったわけで、レース後に振り返ったらもうこんなオッズじゃ買えませんとなってることもありそうな気がしてならない。


よく考えたら世間は三連休。日曜日は少しは寒さが和らいでくれるだろうか。
せめて我が財布の中だけでも。