にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 フェブラリーステークス 予想

土曜の重賞はお話にならない負けっぷり。競馬ってイミわからんね。
日曜フェブラリーステークスは今年は指定席ゲットならず。昨年は9時ぐらいにでも行けば十分一般席も取れそうだったが、今年は藤田菜七子騎手効果もあってそんな甘いことにはならんのかなと。
洗い物も溜まってるし、自宅WINSで我慢しようかしらんという方向。今年まだ競馬場行ってねえなあ……

◆フェブラリーステークス

◎③ゴールドドリーム
◯⑬ノンコノユメ
▲⑭オメガパフューム
△⑩サンライズソア
△⑥インティ
 



だいぶ前から中心に考えていたのは前年王者のノンコノユメ。
舞台適性も展開も向かなかったJBCやらチャンピオンズカップの結果で人気を落とすのであれば絶好の狙い目かと。特にCCはウェスタールンドとコーナーワークを比べたらいかに不味かったかは一目瞭然。にも関わらずオメガパフュームあたりには迫っており、得意の東京1600なら逆転はあるかと。

とはいえニシケンモノノフとケイティブレイブがやり合った昨年ほどハイペースになるとは考えにくく、となると緩めでも好パフォーマンスを出せるゴールドドリームを、今年は逆転に至らない可能性の方が高いのかなと。

昨年ほどでないにしても、インティかサクセスエナジーかがそれなりのペースを作るのであればこの2頭で決まりで良いのだが、問題は想定以上のスローになってしまうこと。
こうなると、ノンコの目はほぼなくなり、ゴールドドリームも厳しめになる。

代わりに浮上するのはオメガパフュームとサンライズソア。
いずれもGⅠ級で結果を出している地力のある馬であるが、前者は鞍上が展開を見て臨機応変に仕掛けを打つことができ、後者は比較的前にいる馬に厳しい展開でも唯一残るなどの強さを見せており、まして展開向くならば俄然有力。
ここしばらくはずっと外国人騎手だったのをテン乗りの田辺というのはいかにも気に入らないが、まあ走るのは馬なので。

逃げか番手あたりになること濃厚なインティは、昨年のテイエムジンソクを彷彿とさせたりもして嫌な予感もする。
ここまで全て圧勝・完勝で重賞ウイナーにまで駆け上がったが、相手のレベルが違うここではどうか。初の関東輸送でどうか。距離短縮でどうか。芝スタートでどうかと不安は多い。
とはいえモノが違う可能性もあるし、もしサクセスエナジーがあまり主張して来なければ鞍上が匠の逃げを存分に披露してきそうで、切りたいが切れない存在で困ってしまう。

このように、印で並べてはいるが、展開次第でその優劣は大きく異なる。
今回、アンジュデジールの回避が実はかなりデカいポイントなのではないかと。

何にしても買い方は一考しないとならないだろう。


UMAJOシリーズ第二弾執筆という修羅の道に入ってしまった。
今回は、競馬を知らない人が読んでもある程度楽しめることをテーマに書いていきたい。
kakuyomu.jp

てか全然読まれない……投稿して2時間ほど経過してPV2。

面白いと思ってるのは自分だけなのかしらね。