にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 弥生賞 予想

ダノンプレミアムとワグネリアンの対決を中山で観戦したあの日からもう一年。まっこと月日の速さには舌を巻くばかり。
(ちなみに本命はオブセッションだった……)

現時点では昨年ほどの大物は不在ではあるが、ここからクラシックへ、そしてその先へと飛び立つ優駿が出ることを願いつつ検討。

◆弥生賞

◎②ニシノデイジー
△①ラストドラフト
△③カントル

札幌・東京の重賞で勝利し、今回と同じ舞台のGⅠで3着と、様々な条件で走ってきて崩れ知らずのニシノデイジーを素直に本命としたい。
どうやら1番人気はラストドラフトになりそうだが、鞍上が逆なら人気も絶対逆だったでしょうと。そういうのを人は妙味と呼ぶわけで。

相手は2戦目で重賞ウイナーとなったラストドラフトと、上り調子の良血馬・カントル。
すなわちルメとデム。安直ではあるが、それが正解ではないかと。

問題は展開。人気どころだし◎から馬単でいきたいところではあるが、おそらく流れはさほど向かない。それに土曜のレースを見る限り馬場もまだまだ先行有利。
日曜のレースに刮目し、馬連にするか、いっそのこと見にしてしまうなど柔軟にいきたい。
 


ついでに重賞ではないが、二つあるOP戦の注目馬なぞ。

◆大阪城ステークス

◎⑪ショウナンバッハ

展開待ちのタイプではあるが、2走前の中日新聞杯ではギベオンと2頭だけ他をぶっちぎってのハナ差2着。もしここにギベオンが出てれば圧倒的1番人気間違いなしでしょう。
なにげに長いキャリアで阪神の芝を走るのは初。外回りだし、お嫌いじゃなければハマることもあるのでは。

◆総武ステークス

☆⑨クラシックメタル

昨年のブラジルCでこの馬とピオネロのワイドを2点で取った自分がいかに馬券上手かという話はさておいて、内枠に逃げ馬が2頭いて、それを突っつくハイランドピークもいてと、流れが厳しめになれば用はあるかと。
あくまで☆扱いだし、臨機応変に適切な騎乗を選択できる鞍上ではないので、妙味なければ見。


さあ良い日曜日になってくれ。