にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 中山牝馬ステークス 予想

さあ競馬だ。今週も競馬だ。
トーセンビクトリーが勝った中山牝馬Sを現地で見てから早2年。実に100週間余もの月日が経過したと考えるとウソだろとしか思えない。

◆中山牝馬ステークス

◎⑦フロンテアクイーン
◯②ノームコア
▲⑪フローレスマジック
☆⑧レイホーロマンス
☆⑩デンコウアンジュ

一昨年の出走馬で、唯一今回も姿が見えるのはフロンテアクイーンのみ。そして、これは少し驚いたのだが、当方昨年も一昨年もこの馬を本命としている。
となると、今年も本命指定しないわけにはいかないでしょうと。
実際、1番人気濃厚のノームコアとエリザベス女王杯でぶつかっており、2㎏重い斤量で同時計の僅差。その後のターコイズSではオーバーペースについていって粘りきれず4着だったが、アレで人気落としてくれるのならありがたい限り。今年も心中するだけの価値はあるかと。
 



とはいえノームコアはやはり強い。マウレアを突き放した紫苑Sを見るに中山適性も抜群。
隙は鞍上弱化ぐらいだが、彼とて今回は自分でレースを作らねばならないわけでない。ゲートさえやらかさなければ好位から中団に控えて脚を溜め、多少仕掛けるベストタイミングをずらしたとしても複勝圏内は固そうではある。

前走人気していて大敗した馬が次に人気を落としていたら狙うべしの定跡に従うならば、今回買うべきはフローレスマジック。
とりわけ前走は古馬になって初の重賞、+10の過去最高体重、着差ほどは負けておらず時計自体はこの馬も速いと、これだけ言い訳がきくのであればなおのこと。
かつてオークスではディアドラやモズカッチャンよりも人気していた女傑、ここらでまた花開いても良いのでは。

レイホーロマンスとデンコウアンジュはどっちか飛び込んできそう。てかどっちかが飛び込んでくるレースになりそう。

逃げ・先行馬にまったく印付けていないのは、同型多くペースはそれなりに流れそうという展開の見立てもあるが、ちとどの馬も難癖ポイントが目立つかなと。
最も有力そうなミッキーチャームはもちろん怖いのだが、初の関東輸送、初の急坂コースでこの人気はうーんという感じ。
エリザベス女王杯で大変お世話になったクロコスミアも少し迷っているが、海外帰りであるうえに、こちらも直線急坂コース苦手説があり、どうなのかなあと。

先週波乱の重馬場を演出した雨は火曜の日中まで続き、週中にもまた雨。
本来なら当日の馬場状態をつぶさに吟味しつつ最終予想を組み立てたいところなのだが、おあいにくさま土曜はまた仕事。

くう。どうしよ。