にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 金鯱賞 予想

きわめて難しかった中山牝馬Sにて、3年連続本命としたフロンテアクイーンが悲願の勝利。
しかし単勝買ってない、相手にウラヌスチャームいないと、極論『フロンテアクイーンなんて来るわけないよ』と切った人と全く同じザマをさらした土曜日。
競馬場の達人出演中の千鳥のノブになりきり「うわ〜! フロンテアクイーンはきとるんじゃ〜!」と叫んで気を紛らそうとするも、特に効能はなかった。

なんの、今週の本チャンは豪華絢爛なメンバー揃いし名古屋場所。
ここを当ててうなぎでも食べたいところだが、これまた難しい。

◆金鯱賞

◎⑫モズカッチャン
◯⑤ペルシアンナイト
▲⑩アルアイン
△⑪リスグラシュー
×⑧エアウィンザー
 



わかっている。何だこの名前だけで馬を選んでいるかのようなヘタクソな予想はと蔑む人がいるであろうことは。自分でも、思い入れのある順に馬名並べているなコレと自覚はしている。

モズカッチャンについて、秋2戦で勝ち負けできなかったのは、エリ女は熱発で調子落としており、有馬は距離長すぎたと言い訳がきく。鉄砲効かない印象があるが実は休み明けも強豪相手に差のない競馬をしてきており、ここでも他の有力馬に一切引けをとらない。
なんて理屈は、和田騎手との再会となれば買わないわけにいかないという気持ちありきの、後付けなのかもしれない。

ペルシアンナイトも昨年大阪杯で本命にして良い思いをさせてもらったりと、ご贔屓の一頭。なので以下の動機はやはり後付けかも。
モズカッチャン以上に休み明けがダメなイメージがあるが、実はこの馬が馬券外になったのは関東輸送と海外のみ。
前走鬼強い勝ち方をし、今回1番人気になりそうなエアウィンザーも選べたであろうミルコがこちらに乗っている。大阪杯・安田記念のスワーヴリチャードやダービーのアドミラブルなど、彼がペルシアンナイトの敵に回ったときは必ず上の着順でフィニッシュしている。
つまり今回はペルシアンの方に勝機ありと見ているのではないだろうか。
(富士Sのワントゥワンは序列上位のモレイラにとられちゃったということで……)

アルアインもリスグラシューも好きなんじゃあ。勝ってほしいんじゃあ。

今回最大の惑星がエアウィンザー。
本来であれば、準OP・OP・重賞と連勝で駆け上がってきた馬を軽視するのは禁物。抑えておくのは必須とも言える。
が、GⅠ級の実績はないことと、先述のミルコが選ばなかった事実、そして実はGⅠ出るだけの賞金は足りており必ずしもここがメイチとは限らないという点から1番人気の今回は嫌いたいところ。
こう考えるのも、この馬と、秋に使えなかったダノンプレミアムを切ってしまえば、好きな4頭ボックスでも結構付くぞという邪念による判断なのかもしれない。


そんなこんなで決して自信はない。
が、それだけにいっそ好きな馬を買うという選択もアリかなあと。