にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 阪神大賞典・スプリングステークス 予想

土曜はGⅢふたつで1勝1敗。
とはいえ、当たった方が広く構えすぎて回収率はあまり伸びず。的中するもあまり気持ち良からずというのもなんだかなと。
こうなれば日曜のGⅡふたつは両獲りを目指すしかない。

まずは阪神で唯一の古馬中長距離GⅡという格式ゆかしき阪神大賞典。過去6年の勝ち馬はすべてGⅠウイナーと、集まる馬のレベルもトップを見据える馬ばかり。
……と思いきや、今年は些か寂しい顔ぶれ。GⅠ戦線に飛翔すべく参戦している4歳5歳は1頭もいない。
しかし、競馬の楽しみはトップを狙う華やかな戦いばかりにあらず。人馬ともにベテランが多く、手練手管の駆け引きが見ものとなる3000mになるに違いない。

◆阪神大賞典

◎⑩シャケトラ
◯⑪コルコバード
△⑥ソールインパクト
☆①ロードヴァンドール

前走買えず(ヒモに抑えはしてたけど)、ここでシャケトラ本命というのはいかにも買い時を逃したヘタクソの為せる業ではあるが、まあ普通に考えて最も強力、今回参戦している馬の中でGⅠでの勝ち負けを望むことのできる唯一の馬なので、素直に本命としたい。
てか、一昨年サトノダイヤモンド、昨年レインボーラインが勝ったこのレース、次はシャケトラというのが最も収まりが良い気がする。

リッジマンが人気しているが、それならばそれぞれ過去にこの馬に敗れてはいるものの、そのとき比で斤量が大幅に恵まれているコルコバードやソールインパクトを相手候補にしたい。

穴として狙いたいのが、8ヶ月間の休みを挟み大敗続きのロードヴァンドール。
同型多いが、最内を利して鞍上の真骨頂(ポツンじゃない方)を発揮してレースをコントロールすることができれば、あれよあれよのうちに残ってしまうこともあるのでは。
 


GⅡもうひとつは、皐月賞最終トライアル。
いつの間にかもうクラシックがすぐそこなのね。

◆スプリングステークス

◎②クリノガウディー
△③ユニコーンライオン
△④ニシノカツナリ
△⑥コスモカレンドゥラ
△⑧ヒシイグアス
△⑬シークレットラン
☆⑦リーガルメイン

てかわからん。見れば見るほどわからん。

ごくシンプルに、朝日杯2着の馬が4着の馬より人気してないのなら買いで良いでしょうと。本命クリノガウディー。

その4着馬の方は、クラシックとマイルカップとどちらに向かうかを測るレースなのだろうが、陣営も後者寄りなんじゃないかって気がしてならない。
少なくともここメイチで何が何でもではない状態で、初距離・初中山は買いづらいかと。

そこを切れても何が前で粘るか、後ろから突っ込んでくるかとんとわからぬ。
妙味も踏まえて△付けた馬との豆券を何枚か持って見物するレースなのではなかろうか。

出遅れかました京成杯で4角から強引に押し上げて上がり最速、しかも何となく2000より1800の方が良くね? って感じだったリーガルメインが人気無さすぎなので、密かに期待。


当たってお願い。