にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 ファルコンステークス・フラワーカップ 感想戦

券種を散らすということは、両獲り・総獲りでウッホッホとなる可能性もあれば、的中の果実の甘みが半減しちゃうこともあるんだなあ。
そんな当たり前のことを思った、春のはじめ。

www.bakenbaka.com

◆ファルコンステークス

◎④ローゼンクリーガー
◯⑮ハッピーアワー
▲⑪ドゴール
△⑨ダノンジャスティス
△⑬グルーヴィット

【買い目】
馬連 ④ー⑨⑩⑪⑬⑭⑮
3連複 ④ー⑪⑮ー⑨⑩⑪⑬⑭⑮

【着順】
⑮ハッピーアワー ◯
⑬グルーヴィット △
④ローゼンクリーガー ◎
②ショウナンタイガ
⑫ブリングイットオン

かなりのハイペースの中、後方から進出してきた上位2頭だけ脚色が全く違っていた。
本命としていたローゼンクリーガーは、先行馬に苦しい展開ながら3着に粘って強いと見るべきか、あれだけ着差つけられては強くないと見るべきか難しいところ。
まあ、昨年このレースで5着と7着だった馬たちが、1年後に同じ競馬場で行われるGⅠレースで1・2番人気になるというのだから、ここで結論を出さず、今後の成長にこそ刮目すべきだろう。

馬券としては3連複のみゲットで、まあガミではないが、う〜んもっと稼げたよなあと思ってしまう払戻し。
券種を3複に絞れなかったのもそうだが、購入直前に気になってしまった穴のイッツクールと人気馬のヴァッシュモンを抑えたのが間違いだった。
結果論ではあるが、もっと狙いすました馬券を当てられる可能性も大いにあったわけで、ちと悔やまれるところ。
 



◆フラワーカップ

◎⑦エールヴォア
◯④コントラチェック
☆⑤ミモザイエロー

【買い目】
単勝 ⑤
馬連・ワイド ⑤ー⑦

【着順】
④コントラチェック ◯
⑦エールヴォア ◎
⑩ランブリングアレー
②シャドウディーヴァ
⑧ジョディー

今回も逃げたコントラチェックが、まったく追いつかれそうな心配が生じる瞬間がなかったほどの完勝。強し。

特穴指定した馬を馬券の中心として、大ハズレかましてしまった後で見ると、ド本線の2頭で決まっての馬連340円がかなりの高配当に見えてきてしまったり。
普通にやれよ普通に、と言われたような気分。


土曜日はこんなところで、トータルではコンビニののり弁ひとつ分ぐらいのプラス。
毎週のように叙々苑で存分に飲み食い分ぐらい負けてる身としては、つくづく割に合わないことやってんなーとぼやきつつ、翌日の予想に精を出すばかり。