にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 毎日杯・日経賞 予想

さあGⅠ戦線開幕。
最初が肝心、まずは初戦を取らねばならぬ、そのためには万端の準備で臨まねばならぬと、本格検討を始めようとした矢先、途方もなく野球の上手い人がついにユニフォームを脱ぐことになったという報が入ってくる。
ファンという言葉を広く捉えたとしても、その範疇の外にいる自分であるが、さすがにこの日ばかりは中継と会見を見ないわけにはいかないと、深夜まで競馬以外の競技に没頭。

おかげで日曜に控えるGⅠの検討を十全に出来ておらず、その他の重賞レースなど尚更のこと。

つまりは、今週の収支がマイナスだった場合、全面的にあのいけすかないマイペース野郎のせいだということである。

◆毎日杯

◎⑥オールイズウェル
◯⑪マイネルフラップ
▲④キングオブコージ

先日、グリチャの十番勝負にエントリーしたのだが、皐月賞の指名馬を先行して勝ち切っちゃう可能性あるタイプにしようと、迷ったのがダノンキングリーとサトノルークス。
結局前者をチョイスしたのだが、もちろん後者も有力と今以て思っている。つまりは、前走サトノルークスと互角の戦いを演じたオールイズウェルも、もしかしたら皐月賞を勝つ可能性もあるかもしれないということで。

前走シンザン記念でとんでもない末脚を見せたマイネルフラップ、ここ2走が年末年始の椿事なのか、はたまた覚醒し強豪の一角へと駆け上がるのか。
クラシックを盛り上げるためには後者であってくれるととてもありがたい。

5戦目でようやく未勝利脱出したキングオブコージだが、芝でなら十分トップクラスの可能性もあるのでは。距離もマイルよりは良さそうな気がする。
 



◆日経賞

◎①メイショウテッコン
◯⑥ルックトゥワイス
▲④サクラアンプルール
△⑦エタリオウ

決して①ー⑥のサイン馬券とか言いたいわけではない。

前走はとんでもない出遅れかました上に、さすがに無理のあるまくりで失速したメイショウテッコンを、今度こそはと本命に。
このメンバーなら、鞍上の逃げの技術を存分に発揮できるのではないかと。

相手筆頭は充実一途のルックトゥワイス。
近走勝ち負けできなかったのはアルゼンチン共和国杯ぐらいだが、アレは後方から32.7の上がりを使っても届かないような展開だった。
前走日経新春杯の走りぶりからも、十分に重賞取れる力があることは確実。ここはありそう。


さあ、あまり見当違いの外し方をして、こちらも馬券師引退に追いやられねば良いのだが。