にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 大阪杯 予想

トップホースが海外に持っていかれてもなお豪華メンバーが揃った阪神2000のGⅠ。
好メンバーは良いのだが難しすぎて困る。いや難しいなんてもんじゃない。

キセキ、アルアイン、エポカロードといった先行馬で残るのはどの馬か。
ワグネリアン、ブラストワンピース、サングレーザー、ペルシアンナイト、エアウィンザー、ステルヴィオといった強者たちの中で抜け出してくるのはどの馬か。
はたまた番狂わせを演出する穴馬がいるのか。

何が来てもおかしくない、来なくてもおかしくない。どうすれば良いというのか。

◆大阪杯

◎⑪ペルシアンナイト
◯⑧サングレーザー
▲⑦ブラストワンピース
△③アルアイン
△⑥キセキ
△⑫ステルヴィオ
☆④エポカドーロ

印多めになってしまったが、本音をいうとワグネリアンにもエアウィンザーにも付けたい。印の強弱も、少し重視するポイントを変えれば平気で入れ替わってしまう。
とりあえず前日夜時点の暫定印ぐらいにとらえていただければ。

展開としては入りはスローでも、キセキお得意の途中が緩まないペースになるであろうことは、ほぼ規定路線か。
となると、いわゆるスローの前残りとか、直線キレ味勝負にはならず、長めに良い脚を使えるタイプが優勢。もちろん舞台が舞台だけに水準以上の末脚がないことには話にならないが。

本命はペルシアンナイト。前哨戦のパフォーマンスが物足りないのはいつものこと。昨年の実績から舞台適性も実証済。今年不調と言われている鞍上も、ここらでエンジンかけてくるだろう。
土曜の雨であまりに馬場が悪くなっていたら再考したいが、今のところ中心にいこうかと考えている。

サングレーザーは前走海外から調教後体重の数字が大きすぎるあたりが気がかりではあるが、スピード戦も消耗戦も好結果を出してきており、崩れることは考えにくい。
特に馬場が渋るようなら軸にするのもアリかなと考えている。

ブラストワンピースは、もしかしたら歴戦の強者たちを一蹴するほどの強さがあるかもしれない。
先行馬を見る位置につけるか、或いは後方に控えるか、他馬にも言えるがその選択を誤った場合は思わぬ凡走もありそう。

秋に逃げ馬として覚醒を果たしたキセキの逃げ残りは当然あり得るのだが、おそらくそのすぐ後ろあたりでロスなく回ってこれそうなアルアインもナメてはいけない。
阪神・中山のレースではすべて馬券になっており、右回り直線坂有りのコースは滅法得意な可能性がある。馬場が悪くなりすぎるのは厳しいかもしれないが、ある程度の重馬場ならレイデオロに勝ったこともあり、相対的にはむしろプラスのはず。ここ厚めにいって高配当目指すのもアリだろう。

有力馬で軽視したいのはワグネリアン。秋に予定通り使えず、ぶっつけでのここはさすがに厳しいのでは。阪神内回りもあまり向かなさそう。
もしこのダービー馬が問答無用の強さを見せたとしたら、これはもう平伏するしかない。

こんなところなのだが、ステルヴィオもエポカドーロもエアウィンザーも全然馬券内あり得ると思えてきてしまう。
おそらく発走直前まで迷うことになるのではないだろうか。


そんなレースが控えているにも関わらず、日曜日はとあるハーフマラソン大会に参加することになっている。
自分が走っている場合でもないのだが。


こちら前作よりも競馬予想要素が薄れてきている感のある予想小説。
サングレーザーを有力視している理由は、こちらに書いている理由の方が大きかったり。
kakuyomu.jp