にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 大阪杯 感想戦

日曜日は埼玉県吉川市なる、同県内の人に聞いても存在を知らなかったりする地(にわか師調べ)にて、ハーフマラソンなぞ走ってきた。
ひどい調教不足と冬の食欲による馬体重増が祟り、前回よりグンとタイムを落としてしまったものの、ラン後のビールとメシが最高なのは変わらない。

一杯やりながら、ちょい高のハンバーガーなぞつまみつつでも馬券が買えちゃうこのご時世。
それが良いのか悪いのか、どうやら一考の余地はあるようで。

www.bakenbaka.com

◆大阪杯

◎⑪ペルシアンナイト
◯⑧サングレーザー
▲⑦ブラストワンピース
△③アルアイン
△⑥キセキ
△⑫ステルヴィオ
☆④エポカドーロ

【買い目】
3連複 ⑪ー⑥⑦⑧ー③⑥⑦⑧⑨⑫
馬連 ⑪ー⑦⑧⑫
枠連 [5]ー[5]
3連複 ③ー⑥ー④⑦⑧⑪

想定以上に先行馬有利になることもあるかなと、キセキとアルアイン軸の馬券も抑えており、どんな展開でもバッチリの構え。
バッチリのはずだったんだ……
 



【着順】
③アルアイン △
⑥キセキ △
②ワグネリアン
①マカヒキ
⑨エアウィンザー

もう何ていうか……心底やんなる。

レースはいわゆるスローの前残り。まずエポカドーロがハナに立つ展開は想定内だったが、もしそのペースがあまりに遅いようだったら、昨秋の天皇賞のようにキセキが交わして前に立ち、タイトな流れを作り出すものと思っていた。
が、番手に落ち着きスロー戦に付き合ったのはどうしたことか。

①そういう競馬でどこまでやれるか試してみた
②もっと長い距離を走る次戦こそが本番と見据え、ここは抑えた
③川田が単にペースを読めなかった

まあどれもありそうな気もするが、築き上げたスタイルでなくても2着に入るのだから、その強さはやはり本物。

アルアインについても、中山・阪神は大得意という可能性があり、ましてこういう展開となれば当然浮上する1頭。
さすがにアタマは想像以上だったが、内々で先行できたのが良かったのか、抜け出して見事な完勝。

3着ワグネリアンも終始最内におり、復活の激走を見せたマカヒキも最後の直線にいたるまでは内側を通ってきていた。
世代の頂点・ダービー馬を軽んじてはいけないということを思い知らされた形だが、枠順の利もあったのかなと。

ペルシアンナイトやサングレーザーといった厚い印をつけた馬がこぞって凡走したのは展開も馬場状態も合わなかったこともあるだろうが、それにしても走らなすぎ。

馬券的に悔やまれるのがプランBの空振り。
2年前のクラシックホース2頭が勝ち負けのケースもあると読めてはいたのに、2頭軸3連複のヒモ抜けという痛恨。

……もし前日時点ではここの馬連買おうと思っていたのにも関わらず、ハーフマラソンなぞ走って、仲間とランチビールして疲労と酔いの中で忘れてしまっていた奴がいたとしたら、そいつはもう馬券師失格であろう。

教訓:当日競馬に集中できないイベント等があるときは、いっそのこと前日のうちに馬券買ってしまった方が良い。


こちら新ヒロインがまさかの3戦連続本命二桁着順という逆神小説。
切りたい馬を探す方は要チェックw
kakuyomu.jp