にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 阪神牝馬ステークス・ニュージーランドトロフィー 予想

新年度早々クッソ忙しい。無理やりにでも区切れるポイントを作って帰宅しなければ、永遠に残業し続けられてしまうような状況下、約2時間の時間外勤務で脱走(申請できるのは1時間半ほど)。

何はともあれ逃げてきた。逃げるは恥だが何とやらがもう3年前のドラマという現実に些か呆然とするがそれは余談。
さあ、週明け更に積み上がっているであろう作業やら対応やらの山のことは忘れ、土日だけを見据えよう。

◆阪神牝馬ステークス

◎④ラッキーライラック
◯⑥カンタービレ
☆③サトノワルキューレ
☆⑦リバティハイツ

逃げ・先行馬にとっては厳しいレースになりそう。同型多くペースが流れそうな上に、おそらく好位につけるであろうラッキーライラックとカンタービレに掃討されてしまう恐れが大。

そうなると、うまくその2頭をマークしそうな馬と、後方から突っ込んできそうな馬を選びたい。

前者はリバティハイツ。目下好調の福永騎手が無理せず大本命をマークし、着に入るという仕事をしてくれるのでは。連対も十分に狙えそう。

後者はサトノワルキューレ。ローズSでは掲示板を逃すも上がり最速で走り、約半年の休養明けの前走は+14キロで稍重の馬場をただ回ってきただけ。
状態さえ戻っていれば、今回の相手関係で展開に利があれば十分に期待できるかと。
 


土曜日もう一つの重賞、こちらは正直まるでわからん。

◆ニュージーランドトロフィー

☆⑮コスモカレンドゥラ

ここでここに出てきてるってことは、すなわちクラシック脱落組もしくは届かなかった組ということで、ちと盛り上がりに欠けるのは確かなところ。
1番人気2番人気ともに重賞にて掲示板外に敗れての臨戦となると、どうしてもそこから買おうという気にはなれないところ。

何か良さげな穴馬はいないかと見渡したところ、目に付いたのがコスモカレンドゥラ。
前走12番人気の14着、中山マイルの大外、鞍上はこれまでリーディング最高順位が39位のジョッキーと、通常ならば到底買えるものではないのだが、馬柱から前走を除くとGⅠ4着など十分強豪に見える。
てかこの馬が前走12番人気だったとか、世の馬券師諸兄の見る目は凄いなあと。

ここでも人気してないということは、まあそういうことなのだろうが、ノーマークの立場で大外気楽に走って結果出しちゃうなんてこともあるのでは。

まあこのレースについてはムリして買わずに見もアリだろうか。


さあ本業。楽しもう。