にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 桜花賞 予想

ぐるぐるまわーってー、まわーってー、やーっぱりケイバがすきっ♪

気がついたらそんな歌を口ずさんでしまっている今日この頃。
検討すればするほどぐるぐる回ってしまうのが競馬予想というもので。
やっぱこっちか? いやこっちが来るんじゃ? 結局2歳女王で決まるんじゃね? いやいやこの穴馬はあるぞ?

時として、正解はその輪廻の外だったりすることもあるのだから競馬ってキビシイ。

◆桜花賞

◎④クロノジェネシス
◯⑮ダノンファンタジー
▲⑭ビーチサンバ
△⑧グランアレグリア
△⑨アクアミラビリス
☆③ノーブルスコア
 



戦歴を見るに、やはり素直に阪神JFの上位馬を評価したい。
そのグループと朝日杯からのグランアレグリアとの力関係をどう見るかというところだが、休み明けの藤沢厩舎ということで割引きたい、ただし脚質は有利に働く可能性が高くて切りがたいという困った存在。まあヒモで抑えておくというのが妥当なところか。

阪神JFでの派手な出遅れの印象が強いクロノジェネシスだが、やっちゃったのはその時のみ。
きちんと出さえすれば、枠の利を活かし、良い位置で運んで直線抜けてくれるのでは。
北村騎手の2週連続なんて無かろうと見る向きもあるかもしれないが、少し間違うと絶望がすぐそこにある内枠では自信を持って積極的にいくことが何よりも肝要。
GⅠウイナーとなり、この有力馬にも自信を持って乗ってくれればおかわりも十分望める。

ダノンファンタジーとビーチサンバは外枠がそのままハンデになる展開だと苦しいが、馬の力はやはり上位。
もしクロノが内側捌くのにもたつく展開になれば、ここの2頭で決まることも。

昨年ここで勝って伝説の第一歩を刻んだあの馬を彷彿とさせるような鬼脚を前走で披露してくれたアクアミラビリス。
あの馬のように、多少展開向かなくとも、まるで1頭だけ違う生き物であるかのような伸び方ができるのかどうか。

伏兵は今の傾向からやはり内枠から。
相手なりに走るタイプっぽいノーブルスコアが、鞍上渾身のイン付きで内側の伸びるところに乗っかることができれば、実績上位馬たちに肉薄するワンチャンは十分。


新年度ということで、自分の中での特別企画、久々の3場全買いと、朝から飲みながらの競馬観戦をしようかと思っている。
夕方、己は笑っているか泣いているか。

せめて生きているようにとは願いたい。


こちら予想小説。読んでネ
kakuyomu.jp