にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 桜花賞 感想戦

桜の季節に3場天候に恵まれ絶好の競馬日和。

こんな日に、日当たりの悪い部屋にて朝から飲んだくれながらグリチャ眺めるおじさんが一人。いつまでも一人。

飲みながら3場全買いというのは、かねがねやろうと思ってた試みだったのだが、いざやってみたら一旦午前中でバタンキュー。弱。
起きたあとはおとなしくメインだけやっときましょと。

www.bakenbaka.com

◆桜花賞

◎④クロノジェネシス
◯⑮ダノンファンタジー
▲⑭ビーチサンバ
△⑧グランアレグリア
△⑨アクアミラビリス
☆③ノーブルスコア

【買い目】
枠連 [2]ー[5][7]/[7]ー[7]
馬連 ③ー④
3連複 ④ー③⑭⑮ー②③⑧⑨⑭⑮

広く買ってるように見えるが、ガミる組み合わせはグランアレグリアが2着以内の3連複安め1点のみ。
今期絶不調のGⅠ戦線、ここは薄利か最悪ガミでも良いので当てたいという思いで臨む。
 



【着順】
⑧グランアレグリア △
⑯シゲルピンクダイヤ
④クロノジェネシス ◎
⑮ダノンファンタジー ◯
⑭ビーチサンバ ▲

あまりペースは厳しくならず、後ろより前、外より内が有利なレースになるかと踏んでいたので、クロノがスタート良く出てくれたときは思わずガッツポーズしたのだが、引っ張って抑えてしまう。
先に行かせたダノンファンタジーを、不利を受けながらも最後には交わしてるあたり間違いとは言い切れないが、もうひとつ前で競馬してればその不利もなかったし伸びる内を通れたわけで、勝つまでとはいかなくとも抜けた2着はあったんじゃねぇかなぁと。

とか妄想したところで、やはりグランアレグリアには及ばなかっただろうとは判断せざるを得ないところ。
好位から早めに先頭に立って、上がりは33.3で突き抜けるとか、こんなん他は何もやりようがないじゃんと。
昨年衝撃的な勝利を収めた名牝とは正反対といえる走りで、劣らぬ衝撃。こりゃまたしてもトリプルクラウン宣言かしらと思いきや、騎手・調教師ともに距離不安あるんでオークスには向かわないと匂わせてきた。
ネットやSNS見る限り、その方向性に批判的な声はあまり見ないけど、個人的には一冠とったなら二冠目に向かってほしいと思ってしまうところなのだが……
まあ適性外ってのもウソではないかもしれないが、本音は使い分けだべ? なんて思うのは下衆の勘ぐりなんですかね。

渾身のイン付きで阪神マイルでちょっと見たことないレベルの32.7とかいう末脚を繰り出したシゲルピンクダイヤが2着。
確かに前走不利がありながらも良い脚使ってはいたものの、ここは阪神JF組には及ばないだろうと判断していたこちらはフシ穴。


というわけで、色々買った馬券はすべて空振り。もしシゲピン君がいなくてもトリガミだったし完敗としか言いようがない。

なにげに今年に入ってGⅠ全敗。昨秋の好調はどこにいってしまったのか。
自分が勝つのとミルコが勝つのとどちらが先か。ここはひとつ勝負ということで。

……やっぱ三浦あたりにしとこうかな。


究極の逆神小説はコチラ。読んでみてくださいまし。
kakuyomu.jp