にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 アーリントンカップ・中山グランドジャンプ 予想

ちょっと副業でやってるサラリーマン稼業の方がド繁忙期となっており、本業の競馬に時間を当てられない本末顛倒な状態となっている。
昨今さかんに耳目にする働き方改革とやらを取り入れたい今日この頃。
金が競馬の準備、土日が競馬、月曜に感想戦、火曜に会社に行って水木が休日なんてのはどうだろう。

そんな夢を胸に抱いて、今は労にやられた身体にムチ打って土曜日の検討。

◆アーリントンカップ

◎③ヴァルディゼール
◯①ミッキースピリット
☆⑩カテドラル

昨年からNHKマイルカップのトライアルとなったレースであるが、今年は桜花賞をブッチ切りで勝った名牝候補がこっち来てしまったり、皐月賞からも強者が流れてきそうな気配があったりと、早めにマイルを目標にしていた陣営にとっては冗談じゃねえよと言いたくなりそうな情勢。
そんな中、まずはここを勝ち上がって、挑戦者として5月の府中に立つのはどの馬か。

2戦2勝といかにも経験に乏しいものの、底の見えない魅力があるのはヴァルディゼール。
前走勝ったシンザン記念はギリギリの勝ちだったものの、直線少し遊んだ感もあり、もっと強い可能性もあるのかなと。

あとは前から競馬するであろう穴っぽい馬。
最内のミッキースピリットは逃げ・先行に舵を切ってから一皮剥けつつある感が。
500万下を抜けてない割には前日時点で人気しちゃってるのが気に食わないが、枠と展開利でやれると見る人が多い証左だろう。

昨年初秋までは間違いなくクラシック候補だったカテドラルは重賞二つの大敗を見るに、早々に終わってしまったという可能性も否めないが、単に調子を崩しただけだったり、関東輸送が苦手だっただけということも考えられなくはない。
フォームを立て直していれば、元の素質は抜群のこの馬がぶっちぎることもあり得るかと。


余談だが、このレースのもう一つの注目は、ウイニング競馬でレース前に流れる煽りVにレインボーラインが使われるかどうか。
天皇賞春を勝って引退、菊花賞2着と十分にその権利はあるものの、勝ち馬に後のGⅠ馬が結構多く激戦区でもある。何とか出してほしいなぁと渇望。
 



◆中山グランドジャンプ

◎⑤オジュウチョウサン
◯⑩タイセイドリーム
▲①ニホンピロバロン

面白くもなんともない予想だが、どう考えても◎が抜けて強く、そこからかなり離れた位置に①と⑩、他の馬は更にグンと力が離れていると見て良いだろう。
これ以外の結果を望むのは、イコール落馬等の事故を望むということで、個人的にそういう馬券は絶対に買わないことにしている。

とはいえ、前日夜の時点で本線の3連単でも5倍程度。ここは見にして応援だけするのが吉だろうか。

なおオジュウ不在の大障害でハナ差の1・2着だったニホンピロバロンとタイセイドリームは、距離が伸びる分は後者に、最後の直線に障害が置かれることは前者に有利に働くのかなと思われるが、直感的にタイセイドリームの方を上に評価したい。


日曜は有馬記念以来久々の中山現地参戦。
土曜に景気付けをして、日曜に大輪の花を咲かせ、会社員やる平日を乗り切るエネルギーを得たいところ。

逆にはなりませぬよう……