にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 青葉賞 予想

先週末から今週半ばにかけて数年ぶりでガッツリと風邪なぞひいてしまい、体力気力ともに減退。
そんな己が状態に加え、今年の天皇賞春はキセキ回避やシャケトラの不幸などあって目玉不在の13頭立て、平成の盾男も不在、現リーディング1位も不在、ジョッキーイベント中止、滞在中ほぼ雨に降られそうと、数え役満揃ってしまい、予定していた京都旅打ちは中止の断をくだすことに。
旅打ち日記を楽しみにしてくださっていた奇特な方には申し訳ない限り。ホントすみません。夏をお待ちください。

というわけで、専ら自宅WINSか、元気が回復していれば府中までチャリ漕いで臨むことになった黄金週間の競馬。この際かかる筈だった旅費を丸々軍資金に転換じゃいと、ATMから虎の子を下ろし、PATにも入金して臨戦態勢は整っている。もちろんGW明けには倍か3倍には増えているという寸法。

まずは昨年万馬券ゲットした青葉賞を今年もモノにして、平成と令和をまたぐ決戦を制す景気付けにすることとしよう。
 



◆青葉賞

◎②リオンリオン
◯⑮キタサンバルカン
▲⑦トーセンカンビーナ
△⑥ウーリリ
△⑯サトノラディウス

先週のジョディーで味を占め、二匹目のドジョウ的に狙いたくなるのがリオンリオン。
前走ほど楽に逃げられはしないかもしれないが、初めて逃げて勝ってここに来ているというのは魅力的。やはりコーナー抜けて前にいる方が可能性は広がるというもの。
ジョディーと違って結構人気してしまっているのが玉に瑕ではあるが。

あとは東京らしく上がりの速い馬に注目したいが、その中で同舞台を経験済みのキタサンバルカンは面白い一頭。
前走3馬身ばかり前を走っていた怪物は(残念なことに)今回はおらず、ここでの出走馬の中での力関係でいっても、決してルメやデムの人気馬と比べてひけをとっていない。それでこの人気なら狙ってみたい。

トーセンカンビーナも末脚一閃あるんじゃないかと期待。

このレースどうこうでなく、本番のダービーを見据えて、皐月賞のトップ3に対抗しうる力を持っているとしたらどの馬か? という観点で見た場合、唯一底が見えていないといえるのがウーリリ。
新馬勝ちして4ヶ月挟んで体重+16でいきなり挑んだ重賞で2着という戦績といい、3年前のダービー馬の全弟という血統といい、ついつい大器への期待は抱いてしまう。
ことによると、同馬主・同厩舎・同騎手による2年連続ダービー制覇などという大それた夢まで実現してしまうのではないか、その時の府中の盛り上がりたるやどんなものなのか。
ついついロマンに走りたくもなるが、ここは冷静に、前走内々をロスなく回りながら皐月賞シンガリ負けの馬をつかまえられなかったこと、初輸送・初距離のキャリアの浅い馬であることを踏まえると、軸にはし難い。
こういうの切りたい人も多いだろうが、鞍上が今年トライアルでの権利獲りで抜群の成果を収めていることを考えると、まあ押さえておく程度が無難だろう。


さあ、めくるめくGW競馬の開幕戦。目一杯楽しもう。
(なお合間に出勤日は普通にある)