にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 天皇賞(春) 予想

レインボーラインが頂点まで駆け上がり、そのまま駆け去ってしまったあの日からもう一年。

キタサンブラック、サトノダイヤモンド、シュヴァルグランといった当時の横綱クラスが死闘を繰り広げたあの日からもう二年。

なにげなく自転車漕いで府中へと行き、競馬に魅せられたあの日からもう三年。

我が競馬ライフにおいて、常に特大のインパクトを与えてくれた大レース。
メンバー・頭数ともに些か寂しくはあるが、ここは伝統の一戦。
今年も何か凄いものが見られるのではと期待を込めつつ、馬券を握りたい。

◆天皇賞(春)

◎②エタリオウ
◯⑤メイショウテッコン
▲⑩フィエールマン
☆⑬ロードヴァンドール
 



5歳以上勢が世代の横綱クラスはおろか、GⅠで馬券になったことあるのが菊花賞2着のクリンチャーのみと、三役クラスも怪しいメンバーということもあり、4歳馬が中心視されている。

その中でも菊花賞1〜3着馬に人気が集まっているようだが、言っても0.2差で3着だったユーキャンスマイルは少し落ちるのかなと。
快勝のダイヤモンドSは相手が弱く、エタリオウやフィエールマンでも同じような勝ち方ができそうに思えるし、万葉Sではヴォージュをつかまえられずグローブシアターとほぼ互角だった。案外がありそう。

菊の1・2着だったエタリオウとフィエールマンを普通に力上位と見るが、より盤石なのはクセの悪さなどを言われつつも常に結果を出しているエタリオウではないかと。
目下絶不調の鞍上ミルコ・デムーロだが、それゆえにこの絶好のチャンスは何が何でも手にしようと全力を尽くすはず。応援もしたい。

そのエタリオウに前走ではつかまりかけたところを最後にはまた突き放し、全然条件の違うレースではあるが昨年フィエールマンにも勝っているメイショウテッコン。
おそらく逃げる形にはならない今回、どんなレースができるか不安ではあるが、先行勢で最も地力があることは確かで、粘り勝ちは臨めるんじゃないかと。

前での粘りといえば、前走阪神大賞典でテンで同型と激しく競り合ってしまったにも関わらず3着に残したロードヴァンドールも鞍上ともども油断できない。
当初逃げ濃厚と見られていたヴォージュは控えることも示唆しており、体内時計ナンバーワンの武豊は不在、道中早めに仕掛けることに定評のあるミルコも今回は早め先頭は避けたいとの意向がある模様、最近積極騎乗が目立つ川田もいない。
となると、誰にも邪魔されず、横山典の匠の技が土曜に続いて炸裂することもあるのではないかと。


平成最後の盾は誰の手に。
これを見届け、大きな払い戻しを得て、新たな時代を迎えたいもの。


こちらは予想小説。
まさかの展開とか自分で言っちゃったり。
kakuyomu.jp