にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 新潟大賞典 予想

天皇賞春は馬券的には何だかなとボヤきたくなる外しっぷり。
香港はウインブライトの快挙に拍手を贈りたいが、実は彼がいなければ3連複を4点で取れていたことに気付いてめでたさも中ぐらい。

コレじゃあ時代の幕は閉じられませんとおかわり的に臨む、平成最後の重賞。
よくもまあ揃えたなあと、思わず言いたくなる中央・ローカルの重賞を賑わしてきたお馴染みの顔ぶれに、連勝でOP入りしてきた新鋭が挑むという構図。
難しいけど面白い。面白いけど難しい。

◆新潟大賞典

◎①ミッキースワロー
◯⑥ロシュフォール
▲⑮メールドグラース
△⑧ブラックスピネル
△④スズカデヴィアス
 



10回走れば10回とも全然違う結果になりそうな顔ぶれではあるが、抜けて強い可能性があるとしたらミッキースワロー。ここ1年以上馬券になっていないが、いわゆる戦ってきた相手が違うというやつかと。
ゲート良くないのに最内に入ってしまい、鞍上もおそらく無理やりこじ開けたり外に持ち出したりせず、前が開かなきゃしょうがねぇや的な乗り方をすると思われるので、ドン詰まりで終戦という覚悟は必要だが。

古豪VS新鋭という構図であるが、ここは連勝してOP入りした4歳馬2頭を人気してはいるが買いたいところ。一方はルメール、一方は(今回は乗れないが)川田が主戦を務めており、牧場の期待の大きさも窺える。斤量的にも恵まれたここはおそらく勝ち負けかと。

あとは穴っぽいところで、このメンツならハナを切って逃げ残り期待のブラックスピネルと、前年勝馬のスズカデヴィアスをチョイスしたい。


印はつけていないが、他にもエアアンセムやらメートルダールやらルックトゥワイスやらショウナンバッハやら、ちゃっかり着を拾ってもおかしない、何だったらうっかり勝っちゃってもおかしくないメンバーが揃っており、どうしたものか非常に悩ましい。

馬券の買い方含め、頭悩ませながらのんびりと祝日競馬を楽しもうか。