にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 京都新聞杯 予想

令和初っぱなからまあアツい。

日曜日はやたらと豪華メンバーが集まった3歳ベストマイラー決定戦、そして土曜日はダービーへの最後の切符を賭けた戦いが東西で行われる。

かつてのキズナのように重賞勝ってるのにここ使うなんて馬はそうそう居らず、基本的にはここに及んでも未だ権利を持たず、賞金も積めていない馬たちの戦いであり、メンバーは正直微妙……
などと思うのはウルトラニワカ、つまりは昨年までのわたくし。

ここに出てくるのは、つまりは何が何でも切符をもぎ取ってダービーの舞台に立たせたいと陣営が全力推ししている優駿候補たち。
その証拠に、昨年このレースを戦ったメンバーを眺めると、勝ち馬のステイフーリッシュのみならず、グローリーヴェイズ、メイショウテッコン、ユーキャンスマイル、タニノフランケルなどやたらと骨っぽいのが揃っている。

そして単純に、なぜか知らないが青葉賞よりもここをステップにした馬の方がダービーで結果を出しやすいといった印象もあり、こちらもナメた態度で臨むわけにはいかない。しっかり検討し、刮目しなければ勝てようはずもない。
 



◆京都新聞杯

◎③ロジャーバローズ
◯⑦タガノディアマンテ
△①オールイズウェル
△⑬ヒーリングマインド

引っ張っていきそうな逃げ・先行馬がおらず、内側の枠でさほど労せず好位置を取れそうなのがロジャーバローズ。
ペースもさほど流れないと思われ、このメンツなら絶対的な展開利が見込めるのが最大の強み。1頭ぐらい弾け飛んでくるのがいたとしても、まず連対、悪くとも複勝圏には残せるはず。
軸で問題なさそうだが、唯一怖いのは前走より+2ハロン、初の距離でリズムを乱して自滅してしまうこと。正直そうなる馬を制御する点において浜中騎手はあまり信頼おける方ではない。どうしたものか。

単純に実績やこれまでの走りぶりから見て一番強そうなのはタガノディアマンテだが、大体においてコーナー抜けた時点で後方にいるので、こちらは届くわけねえじゃんって展開になる可能性があって怖い。
テン乗りの松山騎手の積極騎乗に期待したいが、消極的な時はとことん消極的なジョッキーなのでイヤな予感も若干。

オールイズウェル鞍上は藤岡兄。
経験上、これぐらいの舞台にこれぐらいの馬で内枠に入ったときのこの男は、何かやってくれる可能性が非常に高い。

ヒーリングマインドは今回の出走馬で唯一連勝してここに臨んでいる馬。
参考外の大敗を喫した一戦以外は常に上がり最速か二番手の末脚を使っており、まずこういう馬は突っ込んでくるものと思った方が良い。


買いたいのはこんなところだが、販売開始した金曜19時台の時点で4頭とも思った以上に人気してしまっており、どうしたもんかと。
昨年はベットに強弱つけたワイドボックスで十分に儲かったのだが、今回は買い方も一考の必要がありそう。

まあその辺はもう少しオッズの動きを見てからとして、それまではこの土日に山ほどあるその他の注目レースの検討することにしておこう。


なおプリンシパルSの方はルメさんと戸崎で良いかなと。二人とも本番は乗らないので存分に勝ちに来てくれる筈。