にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 NHKマイルカップ 予想

令和最初のGⅠに相応しくということか、世代で4頭しかいないGⅠ馬のうち2頭がまわってきたマイル王決定戦。
3年前のこの舞台でレインボーラインに魅了されたことが、今に至る決定的な要因となった身としても、思い入れのあるレースのひとつ。
つまりは、どうしても取りたい。

土曜日は雹でダービートライアル含めたいくつかのレースが中止になるなど、波乱含みではあるが、日曜日も荒れるかこんな時ほどフツーに固くというパターンか。

◆NHKマイルカップ

◎⑩カテドラル
◯⑦グランアレグリア
▲⑰アドマイヤマーズ
△③ダノンチェイサー
△④イベリス
△⑯トオヤリトセイト
☆②プールヴィル
 



ダントツ人気のグランアレグリアと、それを負かしたことのあるアドマイヤマーズとがいずれも先行したいタイプ。
とりわけ今年に入って絶不調で、この後も勝つチャンスありそうなのがオークスぐらいのデムーロは、何がなんでも勝ちに来る、言い換えれば外枠から勝ちに焦った早仕掛けの競馬をしてくるんじゃないだろうか。

両GⅠ馬が前で消耗し合う展開になっても、地力からどっちか或いはどっちも残ってしまうことも十分想定しうるが、虎視眈々と脚を溜める馬が突っ込んでくる余地があるんじゃないかと。

カテドラルは、昨秋中山と東京で惨敗しており、輸送がアウトの可能性もあるが、あれは場所関係なしの不調であり、フォームを取り戻しているのではと考えたら俄然可能性を感じる馬であり、現時点の7番人気も決して過剰な穴人気ではない。(ちなみに前走買っていたが相手がいなかった)
半年以上前ではあるがヴェロックスを下しており、もし輸送OK、外国人だとよく走るタイプの馬だったりしたら、単勝1倍台の大本命を交わしさってしまうこともあるのでは。

特選の穴馬がプールヴィル。直線不利のあった阪神JFが5着、逃げて結構頑張った桜花賞で6着と、例年なら人気上位になってもおかしくない戦績なのに、現在14番人気。
グランとマーズのどちらかが崩れれば二つ、崩れなくても一つはある複勝圏の椅子を狙える位置にはいるんじゃないかと。



こちら予想小説。
kakuyomu.jp