にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 京王杯スプリングカップ 予想

GW真っ只中にいるときは、特段感じられかったのだが、こうして平常営業の毎日が戻ってきてしまうと、会社くんだりまで行かずとも良かったあの日々は文字通りゴールデンに輝いていたんだなあと。
失ってみてはじめてわかる。そしてもう戻ってはこない。溜息。せいぜい週末を楽しもう。

◆京王杯スプリングカップ

◎③サトノアレス
◯⑥ロジクライ
△⑨タワーオブロンドン
☆⑤ストーミーシー

先週は顕著に外差しの馬場だったが、1週間の経過による芝の変化とコース替わりでどうなるか。
昨年はこのレースでレコードなど飛び出しており、おそらく今年も高速傾向は間違いないと思われるが、だからといって持ち時計で劣る馬を切ったりしようものならしっぺ返しを喰らいがちなのが競馬。どうしたもんか。
 



シンプルに実力最上位は昨年このレースで時計差無しの3着、本番安田記念も4着だったサトノアレスと見ている。
それなりの好走を続けて賞金もかなり稼いでいるのに、何故か鞍上の格がどんどん落ちていくのが切ないのだが、柴山騎手とは好相性。久々の重賞勝利が見られてもおかしくはない。

ロジクライが逃げるトゥザクラウンを番手あたりでかわいがり、適当なところで抜け出したらもう後ろには抜かせないという競馬をできるかどうか。
力的には当然可能と見るが、怖いのが福永がスローで逃げて、戸崎がそれに付き合ってしまうこと。府中でのどスローは却って直線のキレのみの勝負となってしまい、その面で勝る差し・追い込み馬優勢となることが多い。
上手く後ろの豪脚組にも脚を使わせる展開にできる保証があれば、◎になっても良いのだが。

同じ社杯でも2歳Sの方を勝っているタワーオブロンドン。同厩のサトノアレスの方が強いとは思うのだが、元々アレスにもロジクライにも乗れそうな立場のルメールが乗る予定だったのはこの馬。乗り替わりは先週の府中でやたら上手いところを目の当たりにさせられた気鋭のレーン騎手。
決定的に嫌う要素がない以上、抑えとかなきゃならんかなと。

ストーミーシーは常に上がりが速く、まあ実際のところはそこまで後ろからなら上がりも速くなるわという位置からの追い込みで、結果届かずというパターンなのだが、もし先週のような差しが効く馬場であったなら面白い。
穴は後ろよりも前からというのが常道ではあるが、常に速い上がりを使う=戦う気持ちはあると考えることもでき、何かの弾みでピースがハマればやってくれるんじゃないかという期待は持てるかと。

あと悩ましい馬が4〜5頭ばかり。
当日の芝レースなど眺めつつ見極めたい。