にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 京王杯スプリングカップ 感想戦

土曜日は東西メインと東京10レースだけ買ったところ、初っ端の東京10Rで令和初的中が出てくれる。
こうなればこっちのもの。京都メインはさほど惜しくもなく外したが、今度は令和の重賞初的中をいただきましょうと。

www.bakenbaka.com

◆京王杯スプリングカップ

◎③サトノアレス
◯⑥ロジクライ
△⑨タワーオブロンドン
☆⑤ストーミーシー

【買い目】
馬連・3連複 ③ー⑤⑥⑦⑨

コレでバッチリ、さあひと稼ぎと思いきや、まさかの軸馬故障発生で除外。
アレスの無事を祈りつつ、見のレースになってしまう。
 



【着順】
⑨タワーオブロンドン △
⑦リナーテ
⑥ロジクライ ◯
④トゥザクラウン
⑧キャナルストリート

遅すぎることもないが、府中の1400としてはさほど速くないペースで流れ、好位にいた馬が割と残ったものの、それらをまとめてやっつけてオマケにレコードまで出したタワーオブロンドンが一枚抜けていたといった印象。
色々噛み合った結果と思われるので、絶対的な力上位ということもないのかもしれないが。

当初厚めの印を付けようとして、やっぱ牡馬相手はちと厳しいかなと無印に変えたが、やはりどうしても気になるなと最終的に買い目に加えたリナーテが、進路にキャナルストリートに入られて僅かにエンジンのかかりが遅れたものの堂々2着。
おそらくよりスムーズな競馬になっていても、着順は変わらなかったとは思うが。


というわけで、令和初重賞的中よりも先に令和初返還。それも全額返還という重賞では散らして買いがちの自分としては滅多にないパターン。

印はつけてなかった⑦も抑えていただけに残念。
もちろんサトノアレスが無事出走にこぎつけていた場合は、壮絶なタテ目ではなく馬連・3連複両獲りだった筈と、分岐した向こう側の世界の自分を羨む。

思えばたまたま一つ当たっただけで、この時点で既に日曜の惨劇の予兆はあったのではなかろうかと。。。