にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 オークス 予想

昨年会心の的中を決めた記憶も新しい、3歳牝馬の頂上決戦。

手前味噌だが、本当にえがったので貼っちゃう。
www.bakenbaka.com
馬連はリリーノーブル軸の2点なのが素晴らしいじゃあないの。

さて、いつまでも過去の栄光にすがっていても仕方ないのが馬券師。
どうにか昨年同様の果実を得て、ここのところの負け続きをどうにかしたいところなのだが。

◆オークス

◎②クロノジェネシス
◯⑯ビーチサンバ
▲③コントラチェック
△⑧ダノンファンタジー
△⑪シゲルピンクダイヤ
☆⑥アクアミラビリス
 



ある程度有力馬が絞られていた昨年と異なり、今年は難解と言われている所以が、桜花賞勝ち馬が出てきていないことと、他路線組に化け物候補であり案外かもしれない馬が2頭もいることだろう。

コントラチェックとラヴズオンリーユーについて、おっそろしい強い勝ち方で上がってきているが、どちらもここで通じるかは未知数。どちらも人気するのであれば、もし両方来てしまったら仕方ないの精神で、どちらか一方を切るべきか。
初輸送・初左回り・これまで最大で9頭立てしか経験のないラヴズオンリーユーを思いきって切りの方向で。

コントラチェックについても左回りは初だし、勝ち鞍は楽に逃げさせてもらっているので不安はあるのだが、こちらには抑えるだけの状況証拠がある。
いくらマイル向きとはいえ、グランアレグリアがみすみす二冠、ひいては三冠にチャレンジすることがなかったのは、ルメールがこの馬に乗る予定だったからと考えるのは理にかなっており、となると牧場やら調教師やらは相当有力と判断しているんだろうなと。
代役レーンは、短期免許で初来日の外国人でありながら、ルメール不在の今、ノーザンのファーストチョイスであることは明らか。腕前も確か。
桜花賞組重視派の人でも抑えないわけにはいかないだろう。

本命はその桜花賞で目を覆いたくなるようなレースぶりだったにも関わらず、グングン伸びて3着に入ったクロノジェネシス。
その走りぶりから東京向きなのは明らかで、ドン詰まりさえなければ上位には来てくれるはず。てかそれが唯一怖い。

マイラーと判断されているのか、舐められ気味のビーチサンバであるが、本命クロノジェネシスと近3走戦い3敗しているものの、すべてクビ差程度と食い下がっている。
オークスはそんなに距離適性とか気にしなくて良いとの考えのもと、厚い印にしておきたいところ。

◎◯の両馬は、2歳時に輸送して東京で走ってたり、年明け初戦もクイーンカップを使っているあたり、陣営もオークスを意識してやってきたんじゃないかなあと。

シゲルピンクダイヤやダノンファンタジーといった桜花賞上位組ももちろん侮れないが、前者は桜花賞のイン付きが出来過ぎの感があることと、後者は桜花賞が大目標だったっぽいことから、嫌いたい気も若干。


さあ、広く流すか、昨年のように絞りに絞って勝負するか。
何にせよまた勝ちたいもの。


大穴アクアミラビリスを狙いたい所以はこちら参照で。
kakuyomu.jp