にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 日本ダービー 予想

時はきたぁ、それだけだぁ。

そんなことを呟く決戦前夜。
にわかに気温が上がってきて、明日も真夏日。おそらく府中の人混みの中では実質猛暑日になると思われる。
席も取れなかったし、今年は初めてのダービー自宅観戦にしとこうかなと思ったりもしつつ。

◆日本ダービー

◎⑦ダノンキングリー
◯⑥サートゥルナーリア
▲④サトノルークス
△⑬ヴェロックス
☆①ロジャーバローズ
☆⑱シュヴァルツリーゼ

まーどう考えても皐月賞のトップ3が強い。
その中でも更に、皐月はメイチでなかったと思われる状態にも関わらず勝ってしまったサートゥルナーリアが、全力仕上げのここは頭一つも二つも抜けている。
それはまあ知っているのだが、それを前提にどうひとひねりできるか。
 



サートゥルナーリアの不安要素として挙げられるのは、左回り・連続輸送・鞍上がどれも初であること。
これらの要因のいずれかが引っかかり、着外に飛ぶような凡走をする可能性は極めて低いと思われるが、他の強豪に敗れる理由にはなってもおかしくはないかと。

打倒サートゥルの一番手として推したいのはダノンキングリー。
皐月賞ではやや強引に内側に進路をとり、ほぼ差のない3着。外2頭のようにぶつかり合うことはなかったが、併せ馬みたいな形になっていたら或いは競り勝っていたかもしれない。
また、三強の中で唯一東京での勝ち鞍があり、コース適性は間違いない。
そして極め付けは、この馬、生産こそノーザンファームではないものの、育成はノーザンが手掛けおり、調べた限りでは今回唯一の天栄帰り。
以前よりくすぶっていたノーザンファーム寡占状態へのヘイトがこの春で一気に高まってきた印象があり、ここはこういう馬に勝たせて適度にガス抜きしつつ実利は頂くという意志があったりして……などという妄想は飛躍しすぎだろうか。

三強で隙がある馬を強いて挙げるとしたらヴェロックスかなと。
東スポ杯での4着は、不利があった上でほぼ着差なしなので気にしなくて良かろうが、この時賞金を積めなかったがゆえか年明けにオープンを2つ使ってからのメイチで皐月賞、そしてダービーという臨戦は厳しいのでは。
尤も、昨年それを一番の理由にエポカドーロを軽視したら来てしまったので、あくまで強いて言えばレベルではある。完全に切るというのは単なる無謀。

三強の一角が崩れることになった場合、それに次ぐ有力馬はアドマイヤジャスタと見る向きが多いようだが、それならすみれSでジャスタに完勝しているサトノルークスを推したい。
実は皐月賞でも買い目に入れており、失望させられたのではあるが、あの時はテンで行き足がつかず、ズルズル後方からになってしまい、そのままといういかにも不完全燃焼な競馬。或いは初輸送が響いたのかもしれない。
積極的に良い位置を取りに行ければチャンスはあるはず。大舞台に強い鞍上に期待。

ロジャーバローズの前残りに期待したいが、問題は同型のリオンリオンがどれだけ主張してくるか。ダービー初騎乗の横山武史騎手がビビって腕が縮こまるか、いっそ番手を離すバカ逃げしてくれるとチャンスもあるのだが。

未知数の魅力はシュヴァルツリーゼ。
スタートでぶつけられた上に、コーナーで激しいロスがあったにも関わらず、猛烈な脚で2着に入った弥生賞を見る限り、先行好位に有力馬が固まりそうな展開で後ろから突っ込んでくるとしたらこの馬かなと。
あるいは、どうせノーマークならばと、外枠からではあっても昨年の勝ち馬のような積極策に打って出るかもしれない。そんなんやってくれればさぞかし盛り上がることだろう。
何にせよ抑えておきたい。


結局固くおさまるのか、はたまた番狂わせか。
祭典はもう目の前。祭りの前の高揚とともに、もう祭りの後の寂しさに想いを馳せたりの前夜。

今年も熱くなる。


こちらでダービー回恒例?の全頭診断も行なっております。有益な情報もりだくさん!笑
kakuyomu.jp