にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 鳴尾記念 感想戦

伝統の重賞・鳴尾記念。鳩尾記念ではないのであしからず。
9頭立てといかにも寂しい頭数ではあるが、うち4頭の4歳馬はここからの飛翔を睨む好メンバー揃い。歴戦の強者たちを越えていけるか。

www.bakenbaka.com

◆鳴尾記念

◎⑥ステイフーリッシュ
◯⑦メールドグラース
▲③ギベオン
△④タニノフランケル

【買い目】
馬連 ⑥ー⑦
3連複 ⑥ー③④⑦

【着順】
⑦メールドグラース ◯
⑨ブラックスピネル
⑥ステイフーリッシュ ◎
③ギベオン ▲
⑤ノーブルマーズ
 



ブラックスピネルが緩やかな逃げ。
この馬がすんなり逃げを決めたときはかなり強い。もうちょいタニノフランケルも主張すると踏んでいたのだが……こちらは歯噛みするばかりの道中。

果たして、直線でもブラックスピネルは大いに粘る。
怒涛の追い上げで届いたのは、どうやら新潟での重賞初挑戦勝利はフロックでなかったメールドグラースのみ。この馬はこの先もだいぶ楽しみ。

何とか頑張ってもらいたかったステイフーリッシュは、伸びるには伸びたがジリジリすぎて届かず。『ユースケ! ユースケ!』と叫ぶもむなし土曜の四時前。

予想記事書いているときには気がついていなかったが、4歳馬だけに印をまわした形。
どうやら歴戦の古馬を侮ってしまっていたか。


負けたショックは予想以上に大きかったか、翌日の現地参戦に備えていつもは東スポのところ競馬新聞なぞ買って帰ってきたところ、土曜日の分だったりして。
日曜日は現地で今期何度目かわからないボウズになっちゃったりして。
暑いからエアコンつけたら何か異臭がして、開けてみたらカビだらけだったり。

なかなか踏んだり蹴ったりだったこの週末。
お祓いとか真剣に考えた方が良いのかもしれん。

いや、どれもこれも自業自得やでなんてご指摘は不要に願いたい。
自分が一番わかっているから……