にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 マーメイドステークス・エプソムカップ 予想

多くの競馬ファンの方同様、なんだかなぁ感に包まれた安田記念の後で、なかなかよっしゃまた競馬だとはなりづらいのが正直なところ。
週中に何となく東京ダービーやら北海道スプリントやらに手を出してみて、手に汗握るでもなく負けたとなったら尚更のこと。

今週は日曜日に所用もあることだし、メインの重賞だけサラッとでええや……なんて思いつつ出走表見ていると、アラナニコレ、なかなか楽しげなメンバーじゃないとか盛り上がってきちゃって。

まったくもって付ける薬がない。

◆マーメイドステークス

◎⑫フローレスマジック
◯⑤ランドネ
▲⑪モーヴサファイア
△④センテリュオ

昨年は1〜3着馬がその時点では古馬重賞・OPで3着以内に入ったことがない馬で占められるなど、条件戦クラスがオープン実績馬を凌駕しがちな牝限重賞。
それだけに人気も割れがちで、昨年は人気順に10→9→4という大荒れだったにも関わらず、3連複は35,000円程度で収まっており、斤量に恵まれた格下馬もまあまあ売れる傾向。
今年はそれが更に顕著。というか実績馬が舐められすぎな感がある。

となると狙うべき馬は明白。ここ2走重賞で好走、その前も着順ほどは負けておらず、このメンバーでは際立つ実績を持つフローレスマジックが前日時点で6番人気、単勝12倍も付いている。
トップハンデの斤量や鞍上が嫌われているのか、1㎏違いのOP入りしたばかりの馬たちや、軽いとはいえ1000万下を勝ったばかりの馬よりも不人気となるとここは狙いたい。
距離もエリザベス女王杯や産経大阪杯を勝っている全姉のことを考えると問題ないのでは。
おそらくラストイヤーとなる今年、まずはここを取り、秋には偉大な姉や兄に負けぬほどの飛翔を遂げてもおかしくはないのでは。

相手筆頭は、同型の多さと近2走の不振が気になるが、前潰れにさえならなければまず強いはずのランドネ。
過去別々のレースでノームコアにクビ差で負けたことと、プリモシーンにハナ差で勝ったことがあり、ヴィクトリアマイルに出れていれば2着だったという計算になる。
というのは半分ジョークだが、逆にその2頭がここに出てきていたらダントツ人気になっていたであろうことを思うと、絶好の買い時なのでは。
 



◆エプソムカップ

◎⑤アップクォーク
◯⑧ミッキースワロー
△⑭ダノンキングダム

もしこのメンバーで最も強い馬はと問われたら、これは迷わずミッキースワローを挙げることになる。
ゲートが悪く、どうしてもある程度の位置が取れないと話にならないことが多いGⅠ戦線では結果を出せていないが、能力を発揮できさえすれば同世代のレイデオロ、スワーヴリチャード、アルアイン、キセキなどに決してひけをとらない実力馬と見ている。
今回はハンデ背負わされているわけでもないのに、OP戦で勝ったり負けたりしているメンツと似たような人気。買わざるを得ない。

が、このレースで勝つと思うのはどの馬ですかという質問に変わると、これは少し頭を悩ませることになる。
実力最上位はミッキースワローで間違いないが、どうしても後ろからになる脚質と、今の前が止まりづらい馬場を考えると、前に強いのがいると捕まえきれない可能性は高い。

その先行勝ちしそうな馬はどなたかといえば、おそらくハナを取るであろうダノンキングダムもあるとは思うが、より狙いたいのは人気薄のアップクォーク。
先行したい割には出遅れが多く困ったものだが、控えそうな馬が多い今回のメンバーならリカバリはさほど難しくないのでは。また、後ろの位置どりになったとしても、1年ほど前の同じ舞台でのレースでは上がり最速でエアウィンザーのクビ差2着まで迫っている。
左回りは新馬戦の4着以外すべて馬券になっており、阪神や中山での大敗が煙幕になっての人気薄ならありがたい限り。高配当をもたらしてもらおう。


ほぼ負け確のGⅠ戦線の負債を取り戻すべく、ここいらで大きな当たりを掴みたいところ。たのんますホンマ。