にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 帝王賞 感想戦

正真正銘上半期最後の、そして個人的には馬券休止期間に入る前最後の大勝負。

安心と信頼のケイティブレイブ号こそ不在であるものの、ダートの横綱級が揃い踏みして、その名のとおり帝王を決める頂上決戦になると興奮し、有休までとっておったところ、大看板二枚が回避。
それでも好メンバーであることには変わりないが、当初のドリーム感はだいぶ褪せてしまったことは否めない。
直前まで現地参戦するか悩んだのだが、結局テレビ観戦にしておくことに。

とりあえずインティは危険だなと。
2000の距離も魔境大井も初めてで、同型もいて前走ちょっかいかけてきた人馬までいるとなると、さいあく沈むこともあり得るんじゃないかと。ここは抑えまで。

軸に最適なのはチュウワウィザード。
こちらも大井は初めてだが、あらゆる競馬場・距離で常に安定した結果を残してきており、飛ぶ可能性は低いのかなと。
仮にインティがパフォーマンス落ちなかったとしても、東海Sでの感じを見る限り、距離が伸びて時計が掛かる馬場になるであろうここでは逆転するんじゃないかなあと。

チュウワウィザードを上回るとしたら、東京大賞典勝ち馬のオメガパフュームのみだろうなと、4歳馬2頭を1、2着固定の3連単勝負にすることに。

さすがに切れないインティの他、調子の波はあれど力を出せればGⅠでも通じる(てか川崎記念とった)ミツバと、馬が終わっている疑惑もあるが、もしそうでなければオッズが美味しすぎるノンコノユメを3着候補にチョイス。

万一オメガ飛んだ場合の馬連抑えて、大井のオネエちゃんらのファンファーレを聞く。
 



【着順】
⑤オメガパフューム ◯
①チュウワウィザード ◎
⑭ノンコノユメ ☆
⑩ミツバ ▲
③モジアナフレイバー

シュテルングランツがインティを制してハナに立つ。大井のダートで入りの3ハロン35.8はおそらくかなりのハイペース。
番手である程度ついていってしまったインティはペースが堪えたか、やはり距離が長すぎたか直線でもはや手応えなし。

好位から抜け出したチュウワウィザードを捉えたのは、いくらなんでも後ろすぎないかと思われたオメガパフューム。
やはり大井2000は彼の庭だったか、最後には1馬身差以上つけての完勝。
25歳のオーストラリアの若者は、滞在二ヶ月でとんでもなく勝ちまくって、とんでもなく稼ぎまくって去っていったという。きっとまた会えるでしょう。

そしてノンコノユメ。
ゲート入る前の汗を見てやべーかなと思いきや、地方特有の尻尾にぎにぎ効果もあったかしっかりゲート出て中団でレースを進め、直線ではグングン本来の伸びを見せ、2着のチュウワにアタマ差まで迫り、4着のミツバには大きな差をつけての3着。まだ終わってないところを見せてくれた。
「ノンコ頑張れ!」 という応援をするつもりでいたが、まさか「そこまでは来るな!」と叫ぶことになるとは。おみそれ。


というわけで馬券は買い目の中で高目の3連単が的中。
ノンコについては応援の気持ちはあれど半信半疑どころか三信七疑ぐらいだったので、100円しか買っていなかったが、まあ久々の的中、久々の万馬券ということで上々かなと。
この春全体で見れば焼け石に水の勝利ではあるかもしれないが、有終を飾ったことで前向きに充電期間に入れることに。

予定どおりなら、次に馬券を買うのは8月の札幌現地で、本格的に活動再開するのは9月の中山。
研鑽を積み、少しはやれる馬券師になって戻ってきたい。